家づくりに役立つローコスト化へのテクニック

積水ハウスシャーウッドで注文住宅を建てるからといって、気合いの入りすぎた間取りづくりをすると、必ずと言っていいほど、後々コストダウンという壁にぶち当たってしまいます。

特にシステムバスや洗面台などの設備機器や陶板外壁ベルバーンなど外壁材のコストはわずかなアップであっても、積み重なると大きな金額になってしまいます…。

でも、あまりコストばかりを意識しすぎるのも、家づくりに満足いかない部分も生じてしまいますよね。

そんな時に役立つローコストへのテクニックをご紹介します。

ここだけ考えれば家づくりの価格を抑えられる…といった方法です。

コツは、あまりこだわりのないところの価格を下げる…という方法です。

価格を下げるタイミングは、設定担当者と自分たちが理想とする間取りができて、初めて見積りを出してもらうタイミングです。



ここが重要になってきます。

最初に出される見積もりに対し、すぐに金額の高い安いのと判断は避けてください。

まずは見積書の内容をじっくりと確認しましょう。

自分の希望する設備機器や材料がきちんと入っているかどうか、じっくりと見積もりの説明を受け、その中であまりこだわっていない部分だけ、金額のグレードを下げる…、といった方法をとりましょう。

このテクニック・コツで家づくりのコストを詰めていけば、必ず満足のいくローコストな家づくりができます。

実は、この方法で私も積水ハウスシャーウッドの家づくりを進めていきました。

ローコストへ導いた実績のある方法ですから、ぜひお勧めしたい方法です。

大人気の投稿