やっぱり床暖房はデメリットが多い、積水ハウスシャーウッドを建ててそう感じた理由とは

一戸建ての家造りで床暖房を入れるか入れないかを悩んでいる方々が結構います。

我が家の積水ハウスシャーウッドも床暖部は最後の最後まで悩んだオプション設備の1つです。

結局、予算に苦しんだので外しましたが、何故外したかは後に詳しく説明するとして、大まかに言ってしまうと、どうも住む場所によって床暖房の必要性が違うんだなと感じました。


寒いところでは床暖は必需品です。

我が家のある九州で本当に床暖房が必要なのかというと、それは非常に悩むところなんですよね。

しかし、あえて強調させていただくと、床から温められる感じは「最高」です。

そこに価値があると思えば、ぜひ検討してほしいし、新居を構えるなら、リビングやダイニングに床暖房を導入しようと考えている方が多い点は何ら不思議じゃありません。

しかも最近では新築時に床暖房の採用を考えている30代、40代が多いとか。

余談になりますが、一条工務店というハウスメーカーでは全館床暖房を標準装備していて、寒い冬を暖かく過ごせる快適生活を売りにシャアを拡大している企業もあります。

それも結局、私から言わせると関東・北陸・東北に限ってなのではないか。

九州や四国で本当に床暖房が必要なのか、そう思ってしまうわけです。

そんな、暖かみのある快適生活を提供してくれる床暖房ですが、その快適さの一方で、実はいろんなデメリットがあります。

そこで、ここでは床暖房に潜むデメリットを紹介します。

我が家では積水ハウスシャーウッドを建てると決めて、リビング・ダイニングに床暖房を導入しようと真っ先に考えました。

これで冬場のぬくぬくした快適生活が遅れる、じわじわと足が温もりを感じる、単純にそう思ったわけです。

しかし、ことはそう単純なことじゃない。

それは床暖房のデメリットに着目することで、全て打ち砕かれたのです。

どういうことかというと、床暖房を導入すること様々なことに後悔してしまうことに気付いてしまったのです。

まず、床暖房には避けられない8つのデメリットがあり、これは床暖房の設置で後悔してしまうことです。


最初は主はお金に関することです。

○ 初期費用が高すぎる
○ 電気代が高い
○ メンテナンス費用が高い
○ 故障時の修理費用が高い

これがお金に関する大きな後悔のポイントです。

次に、床暖房の特徴として実は人体へ与える4つのデメリットがあるというとです。

○ 単独でのコスパが低い
○ カーペット選びが困難になる
○ 赤ちゃんが火傷・汗疹になる
○ カビが発生しやすい

いかがですか。

床暖房の特徴として、内容的に「やっぱりな!」というものから、「これ本当なの?」というものまであるかと思います。

でも実はこれすべてが本当のこと。

これらを見てみると、たしかに床暖房を導入して後悔するポイントとしてみてみると、個人差の範囲で許容できるものもあれば、そうでないものも含まれています。

実際は個人によっては感じ方。捉え方は違うのかもしれませんので、最後までレポートを読んで、判断していただければと思います。

大人気の投稿