吹き抜け空間の床暖房

我が家の床暖房はヒートポンプ(室外機)でつくった温水で床を暖めるタイプです。

ヒートポンプ式の温水式床暖房は、電気を使って大気の熱を水に与えて作った温水を、フローリングの下に敷きこんだホットパネルの中に循環させて床を暖める方法です。

熱源に使用されるヒートポンプは少ない電力で効率よく熱を作り出し、たくさんの温水を得られるので、ランニングコストも抑えられます。

とても経済的なんです。

我が家が床暖房を取り入れた理由…その秘密は間取りにあります。

それはリビングに吹き抜けがあるということ…。

吹き抜けがあると、冬場の寒さに少し不安を感じてました。

だから床暖房を取り入れたんです。

これが正解でした。

基本的には床暖房+エアコンで暖房をしていますが、足からの暖かさは快適そのものです。

それに床暖房はつけたり消したりするより、長時間つけっぱなしの方が効率よく暖まります。

もしエアコン暖房だけだと、当然、暖かい空気は上へ逃げますよね。

だから「吹き抜け」という間取りを考えた場合、エアコンだけの暖房効率としては、あまりふさわしくない気がします…。

まさに床暖房は、身体に良いと言われる健康的な「頭寒足熱」なのです。

気になる電気式床暖房の秘密

床暖房は足もとからぽかぽかです。

我が家の床暖房は、よく言われる「顔だけボーっと熱く」なったり、「換気不足」が原因でいがらっぽくなったりする心配がありません。

その秘密は電気式床暖房にあるのです。

積水ハウスシャーウッドで家を建てようと考え始めたころ、床暖房を入れるのは必然的な条件でした。

輻射熱と伝導熱で、足もとから暖めてくれて、とても健康的で満足しています。

気になるダニやカビの原因は水分です。

でも輻射熱床暖房だと水蒸気の発生も低いので、その心配もいらないんです。

しかも結露することもありません。

電気式床暖房はバリエーションが豊富ですが、基本的な熱源はヒートポンプ式により発生する空気熱をします。

だから消費電力を大幅に下げることができるのです。

「環境にやさしい」です。

そういうことから電気式床暖房はオール電化の新築一戸建てに導入されているようです。

例えば、冬の朝の寒い時間に起きるイメージをしてみてください。

まず床暖房と同時に、暖房のつけ始めは立ち上がりの早いエアコンで急速に部屋を暖めます。
床暖房が暖まってきたら、今度は床暖房を主に快適な暖房空間をつくる…。

といった目覚め方でしょうか。

もちろん電気代はそんなにかかりません。

エアコンだけの暖房方法の方がはるかに電気代が高いのではないでしょうか?

モデルハウスのようにインテリアを考える秘訣

積水ハウスの鉄骨・シャーウッドが他のハウスメーカと比べて最も違うところ、力の入れ方が違う点があるのご存じですか?

それは「インテリア」です。

モデルハウスなどを見ていても、それは顕著に見て取れますよね。

他のハウスメーカーが建てたモデルハウスをみても、積水ハウスのインテリアの方が格段にレベルの高さを感じます。

積水ハウスシャーウッドで建てた我が家も、毎回の設計打合わせには、一流のインテリアコーディネーターが設計の人と同席するんです。

そして間取りやインテリアデザインの工夫、家電、照明器具の選び方などを一緒に考えてもらえます。

これは施主にとって、非常に心強い。

インテリアコーディネーターが同席すると、何となくお洒落な家が出来上がりそうな気になってしまう…
そんな気がします。

その分費用もかなり掛かっているんでしょうけど。

もちろん実際の注文住宅はモデルハウスのインテリアとは違うこと、誰もが思うでしょう。

でも注文住宅で造り上げる、我が家の間取りにふさわしい色づかいやカーテンの色、クロス、生活動線の工夫など、素人ではなかなか気付かないアドバイスをもらえるのは、施主にとってかなりのメリットではないでしょうか。