いい平屋建ての住まいが約束される工夫とは…


いい平屋建てのたたずまいにするためには、平屋の間取りづくりにおいて押さえるべきポイントがあります。

積水ハウスシャーウッドの平屋建てに限ったことではありませんが、平屋建てに場合、周りに高い建物があると日光や風がさえぎられる可能性が大きいのが現実です。

ですから、光と風を十分に取り入れて設計する必要があります。

光と風を取り入れるためには、上部に窓を配置するなどの工夫で、気持ち良い光と風を家の中に導くことができます。平屋建ての特徴として、平屋建てならではの高い天井があります。
この高い天井に天窓を設けることで、光のふりそそぐとても明るい室内が実現できるようになります。

また、平屋建てには、日々の生活の暮らしをさらに快適してくれる間取りがあります。

平屋建ての住宅は、コンパクトさが一番の魅力です。
そのコンパクトな間取りの中で、いかに動きやすい間取り動線を造り上げることができるか…
これが平屋建てにおいて最大のポイントではないでしょうか。

家のリビングや玄関から、庭や道路へ気軽に出入りできたり…
各部屋からリビングやトイレへすぐアクセスできたり…
そんな快適にスムーズに移動できる動線づくりがとても大切だと思います。

平屋建てはどうしても室内空間の間取りが、広々としてしまいますので、通常の2階一戸建てに比べると、動線を考えやすいと思います。

また、収納スペースもしっかり確保できるし、明るいリビングと動線の連動性を確保することで、すてきな平屋を造り上げるのではないでしょうか。