住宅ハウスメーカーの価格差はどこから生じてくるの?


積水ハウスのような大手住宅メーカーと地元工務店の住宅価格の差ってどこにあるのか、ご存知ですか?

大手ハウス住宅メーカーの価格を比較してみるだけでも、住宅メーカー毎の価格差が大きいと感じてしまいますよね。

地元の細々と経営している工務店の価格と比べると、その価格差は歴然です。

40坪の新築一戸建てでもても、大手ハウスメーカーの価格が2500万円と書かれてあったりします。
その価格が高い価格に感じる場合もあれば、タマホームのようにローコスト住宅メーカーの価格は1000万円~など、その価格差にはびっくりします。

一般的に住宅メーカーの価格差で良く言われている理由の一つに、建材や設備のグレードの違いがあります。
このことは誰しもが感いるところ…

このことが最も大きく価格差の生じるところなのですが、実はそれだけじゃありません。

その理由に、あまりにもローコスト系住宅メーカーと大手住宅メーカーとの価格差が大きいことに疑問を感じたことはありませんか?

住宅価格にでる金額差の大きな理由は、営業マンの人件費やCM料、広告代金です。

これは大手住宅メーカーの営業マンが高給取りだからとか、人件費が高い…
そんな理由ではありません。

やはり積水ハウスといった大手ハウスメーカーの住宅価格には、打ち合わせ回数の差、営業マンの一人あたりの担当顧客数の差、モデルルームの数の差などが含まれます。

当然ながら、一人の営業マンに多くの顧客を担当させれば人件費は下がるわけですが、でも、それだけでは行き届いたサービスができなくなりますから、一人ひとりの顧客への対応は手薄になってしまいます。

我が家の積水ハウスシャーウッドの営業担当者は、まだ若かったですから掛け持ちするような顧客があまりいなかったようです。

その分、金額相当の十分な対応をしてくれたのは事実ですが…。