二世帯住宅という選択は意外と人気が高い

最近は、核家族が増えて親世帯と子世帯が同居する二世帯住宅が少なくなってきている…
そのように感じますよね。

でも、一方では共働き夫婦や高齢化社会の進行で、介護や育児・子育てという問題もあり、子世帯だけではなかなか解決できないことも多いのが現実。
そんな問題があることも事実です。

そこで注目されているのが二世帯住宅。

親世帯と子世帯が一緒に生活して共有するという、家族の良い関係を育む暮らし方が、今、注目されています。
実際、二世帯住宅を選択する理由で最も多いこと…
それは、親が高齢で心配であったり、親の介護が必要であったり、自身の老後が心配であったり…このような理由がほとんどです。
でもそこには「育児に親世帯が協力してくれる」という理由もあるのです。

二世帯住宅を選択する方たちのほとんどは、玄関やキッチン、お風呂を共有しているなど、つまり予想以上に多くの家族が「空間を共有する」ということを選択しているんですよ。