火災保険が必要であるという理由が何かご存知ですか?

医療保険は最近の少子高齢化の影響もあって、老後のあんしん医療保険などが必要だと感じている人が多いですよね。

でも、医療保険なんていらない!

そんなことがあることをご存知ですか?

なぜでしょう。

それは医療保険に加入しなくても、いざという時には貯蓄で代用できるからです。

考えてみると、自動車保険や火災保険は自分で進んで加入したりしますよね。

でも医療保険は勧められて加入することの方が多い。

つまり、医療保険と火災保険、自動車保険とでは保険料と保険金のバランスが違いすぎるということなのです。

例えば、車を運転していて他人にケガを負わせたとしますよね。

その場合、貯蓄でもある程度カバーできます。

でも、火災や自然災害が起きて家や財産が全焼・全壊した場合はどうでしょうか?

よほどの資産家でもない限り、貯蓄だけでカバーするなんてできません。

通常ならほとんどの人は不可能です。

つまり、大きな保険事故が発生した場合、支払った保険料以上の保険金が支払われる…

このことが「火災保険が必要だ」という一番の理由なのです。

住まいそのものを守る…それが火災保険です

積水ハウスシャーウッド一戸建てに住む前は、賃貸物件を借りてました。

私の会社は転勤が多く、転勤のたびに賃貸物件の火災保険に入ってました。

いや、強制的に入らせれていたのです。

賃貸物件に住んでいる人で、入居時に火災保険の加入を求められるケースが多い…

そう感じている人は多いはず。

賃貸物件の場合、自分の持ち物に対して火災保険をかけなきゃいけない。

そんなこと、こっちの勝手でしょ!

なんて思いながら仕方なく契約した人も多いはず。

でも自分の持ち物、つまり家財に出火してしまい賃貸物件が火事になってしまった場合、どうなると思います?

実は、自分ではなくて大家さんに賠償責任が発生してしまうのです。

このような際に役に立つのが借家人賠償責任保険特約。

これは、借家人が火災保険に入ることで万が一の補償金額を支払うもの…

つまり、火災保険は自分の持ち物だけじゃなく、大家さんにとっては住まいそのものを守るものです。

さから、持ち家だけじゃなく、賃貸の場合も必要性が高い…

それが火災保険なのです。