失敗したくない玄関の収納プランにあるといいモノ…


靴の収納は、手持ちだけじゃなく、将来のことも考えておくことが重要だと思います。
たとえば、子どもの足のサイズです。
子供が大きくなると数も増え、サイズも大きくなります。
男の子がいると、あっという間に靴数も増えます。
さらにサイズも大きくなって、収納スペースが足りなくなります。
このようなことも失敗談です。

玄関の間取りや広さを考えるときに、シューズクロークなどのような別に収納空間をプランに取り入れるか、それとも壁面だけに収納を設けるか…で迷います。

でもやはりシューズクロークは必要です。。
シューズクロークの間取りを考える際、新築時にどれくらいのスペース(広さ)が必要なのか、そう考えることってありますよね。
スポーツ用品や愛犬の散歩用品などもできれば収納しておきたい…
そう考えている方々も多いはずです。

わが家は、女の子2人、夫婦の2人です。
さらに、犬が一匹います。

ですから、想像以上の靴収納スペースに、犬の用品の置き場所が必要なのです。
このように、玄関に必要なものやそれがどれくらいなのかを把握ことは大切です。

実際我が家では、4人分のくつ、夏になるとサンダル、雨の日は長靴が濡れたりドロが付いてる…
また、脱いだばかりの長靴をシューズクロークになおすと、臭いも結構気になるものです。

我が家の間取りは、玄関横に壁づたいにクロークになっています。
玄関ホールとリビングもしくは通路が扉か何かで区切られてさえいれば、内部の匂いはさほどきになりません。
このように、仕切りの扉をシューズクロークに設けると便利ですよ。
窓があればいいのですが、なかなか高気密・高断熱住宅だと、窓の少ない家が多いですよね。
もちろんシューズクロークを喚起できればその方がとても便利です。

失敗したくない玄関の収納プランは収納したいモノの把握から…


友達のお宅にお邪魔した時、まず最初に玄関を見ますよね。
その玄関がすっきりとしていて、花などが飾ってあったりすると、「あっ、何だか丁寧な暮らしをしているな…」
そんな感想を持つことってありますよね?
靴が乱雑になっていたり、棚の上に荷物が積みあがっていたりすると、ちょっとがっかりしたりして…。

このように玄関をみると、住む人の家や暮らしに対する姿勢が何となくわかるような気がするものです。
不思議ですよね。

新築一戸建ての家づくりをする場合、玄関は限られたスペースに配置されます。そこで気をつけたことと言えば、玄関を間取りの何処に配置するくらいで、あとは靴を中心とした収納や間取りをプランニングする場合が多いものです。
我が家の積水ハウスシャーウッドもそうでした。

でも、一戸建てが出来上がったあとに気付きます。
それは玄関が単なる「靴箱」「下駄箱」という間取りでは、なかなか収まりきれないという現実です。

もっと玄関をすっきりと、そして使いやすく、お客様にも気持ちよく感じてもらえるような玄関にするための収納プランってないのでしょうか。

そこで考えたいこと…それは玄関に何を収納したいか、です。

玄関に収納したいモノ、収納すべきモノはたくさんありますよね。
靴はもちろんですが、傘やスリッパ、ゴルフ用品、子供の自転車、車の鍵や印鑑などなど…
実は玄関というスペースは比較的狭いスペースのわりに、意外と置いておきたい…
そんな収納しておきたいモノが多い場所なのですよね。

玄関の収納プランは、他の場所の収納プランと同じように、まず何を収納したいのか、その数や大きさなどを前もってよく検討しておくことが大切です。
毎日の暮らし方、家族の行動パターンなどから、玄関に収納すべきものは何なのかをいろいろ考えて見ましょう。

我が家が積水ハウスシャーウッドの設計者と間取り打ち合わせした祭は、玄関の広さや玄関タイルの色、そして出来るだけ光が入るように…程度しか考えませんでした。
このことは、もっと玄関について考えておけばよかった…そう感じています。
家族にとって玄関に必要なものは何なのかをよく考えてみましょう。