積水ハウスの家をリフォームしたいなら、これで決まり!

◆なぜリフォームが必要か
リフォームの必要性については、次の2つの理由があります。

・今住んでいる家のデザインがイマイチ気に入らない、だから住まいを変えたいという理由。

・築年数がたってので家が老朽化した、だからリフォームをする。

といった理由です。

これらは家の問題発生を食い止めるリフォームですね。

特に、自分の家で長く快適に暮らしていくためには、この「家を守るためのリフォーム」がとても重要です。

最低でもやらなければいけません。


◆リフォームすべき時期
では、家を守るためのリフォームとは、いったい築何年でやるべきなのでしょうか。

築年数とリフォームの関係は、一番気になるところですよね。

まず、家の設備や資材にはそれぞれ寿命があります。

ものによっては壊れてしまってからの交換や修理では遅い場合もあるので注意が必要です。

重要なのはメンテナンスが必要なタイミングを知っておくこと。

これで効率的にリフォームを行うことができます。

リフォームが遅すぎると生活に不便さが生じたり、家に負担をかけてしまったりすることもありますし、費用が余分にかかってしまいます。

では、リフォームすべき場所ってはどこなのでしょうか。




◆リフォームすべき場所
特に早めにメンテナンスしてほしい場所は次のとおり。

・浴室・トイレ・洗面台・キッチンなどの水まわり
・小型給湯器
・浴室のドア
・室内のクロス張替えや外壁塗装
・防蟻処理

7年くらい住み続けると、ちょっとした部分の破損や汚れがすごく気になります。

もちろんまだ使えることが多いと思いますが、できれば早めにメンテナンスしましょう。

家の耐用年数は、一般的には30年前後と言われています。

結構短いんですよね。

だからこそ早めの対策が必要。

早めの対策であなたの家はグンと寿命が伸びますから…。

◆積水ハウスのリフォーム業者

積水ハウスには積水ハウス独自のリフォーム部門があります。

家を専門に扱うリフォーム業者であり、積水ハウスの家をすべて知り尽くしてます。

一般的に積水ハウスの専門業者でリフォームするメリットと言えば、安心してリフォームを任せれれること。

これに尽きます。

別のリフォーム業者でも対応は可能ですが、見積りを取ると意外と積水ハウスよりも高いことが多い。

積水ハウスのリフォーム専門業者の方がなぜ安いかというと、家の構造を知り尽くしているので効率よくリフォーム作業ができるからです。

しかも対応がとても素早い。

積水ハウスのリフォーム専門業者は、一戸建ての詳細な部分まですべてを知った上で様々なリフォームを行うことができる。

だからリフォームで失敗することはありません。

 積水ハウスリフォーム中日本

積水ハウスリフォーム東日本

積水ハウスリフォーム西日本

◆リフォーム費用の値引き方法

私の経験談です。

積水ハウスでリフォームをする際、リフォーム費用を値引きをしてもら得るという話はよく聞きます。

実は私の家をリフォームする際も値引きをしてもらえました。

では一体どのようにお願いしたかを説明しますね。

値引きには2つの方法があります。

例えば、リフォーム代金の総額から値引いてもらう方法、また、設備のオプションやグレードアップのサービスとしてしてもらう方法です。

どちらがいいかはその人の考え方しだいです。

私の方法はオプションをグレードアップしてもらったこと。

この方法でおよそ200万円ほど得をしました。

見積もり値引きしてもらうコツは必ず契約前に交渉することです。

契約後に交渉してもなかなか値引きしてくれません。

契約前に交渉すると結構対応しくれることが多いです。