決算月が積水ハウスシャーウッドの値引きに影響あるか?

一戸建てを購入する時、ハウスメーカーがどれだけ値引きに応じてもらえるのか、その期待は大きいもの。

1件あたり2千万円、3千万円の一戸建てを購入するわけだから、購入する側にとっては、たとえ値引率が数%であっても、その値引き金額が数百万円にも上る。

そのため値引率から得られるその影響は大きい。

値引きに応じてくれるハウスメーカーの一般的な値引率の相場は3%~5%だと言われている。


私が建てた積水ハウスシャーウッドも同等の相場っだった。

ハウスメーカーの場合、ハッキリ行って一戸建て購入金額の値引き率は様々。

だが、ネット上では10%近い値引きを行ってくれることもある。

その中でも積水ハウスではあまり値引きが期待できないと言われてる。

しかし、積水ハウスが一切値引きに応じないというわけではない。

ではどのようなことに配慮すればいいのか。

実は交渉のやり方や契約のタイミングによって、期待以上の値引きに応じてくれるケースがあるのだ。

その1つの例が決算期。

しかし、決算期は一戸建ての本体の費用には当てはまらない。

一戸建ての建物自体よりも、住宅設備機器の値引きにかなり影響してくる。

電化製品や車を購入する場合には、決算期を狙うと通常より値引き額が期待できると言われているが、それとほぼ同じことになる。

システムキッチン、エコキュート、エコファーム、洗面台などの住宅設備は以外に費用がかかるが、決算時期を狙えば大幅なコストが抑えられる。

購入者にとっては非常に大きなメリットとなるのです。

大人気の投稿