絶対おススメしたい結露防止対策

冬の寒い時の起こる結露、いやですよね。

ましてや新築一戸建てに窓ガラスに結露が発生したりするとかなりショックです。

積水ハウスの新築窓ガラスにも結露は発生します。


冬は、暖かい室内の空気に含まれる水蒸気が、外気の気温に近い窓辺や玄関などで急激に冷やされることにより水になり、それが結露となります。

室内の湿度が高ければ高いほど、結露しやすいといった特徴があるんですよ。

特に加湿器や石油ファンヒータなどの暖房器具を併用すると、窓ガラスに結露が発生しやすくなるんです。

そのまま放っておくと、結露した水が滴り、窓枠やサッシのカビの原因になりますし、ひどくなると積水ハウスの外壁材の中や床まで水が入み、断熱材や木材、床を腐らせる原因にもなります。

だからこそ、結露防止の対策をきちんと行う必要があるのです。

一番いい方法は、窓ガラスに結露防止シートを貼ることです。

結露防止シートは、薄いフィルム状になっていて、窓に貼付けることにより結露を起こしにくくさせる効果を持つ、優れた便利アイテムです。

その中でも特におススメなのが、断熱シートが何層にも重なっている伝熱遅延性シート。

このシートは熱が伝わりにくくなる効果を持っていて、窓に貼ることで結露させたくない部分を完全に結露から防ぐことができます。

窓の下部分とかに貼ると抜群の結露防止対策にもなり、規模によってはこれを貼るだけでも相当違ってくるでしょう