室内の温度を一定に保つ積水ハウスシャーウッドの気密性…

一戸建ての部屋の中で、室内の熱エネルギーを最も出入りさせてしまう場所はどこだと思いますか。
実は窓などの開口部です。

窓は、外の気温の影響を直接受けやすい箇所で、特に寒い冬場には室内から暖かい空気が約50%近くも窓から逃げてしまうと言われています。

さらに夏場には、逆に外から厚い空気が約70%も窓などの開口部をすり抜けて出入りすると言われていて、この温度の出入りを解決するには、窓の開口部分を完全に遮熱する以外ないのです。

つまり、外気の温度に影響されずに室内の温度を一定に保つためには、一戸建ての家の気密性がとても重要になるわけです。

また、窓の開口部分だけじゃなく、外壁材から室内に伝わる熱を遮る方法も考えなくてはなりません。

このような問題を解決するためには、いかに高断熱・高気密な住宅を造るかにかかっています。

外からの外気温の影響が受けにくく、室内温度を一定に保つことができれば、とても高性能な家だと言えると思います。

積水ハウスシャーウッドはハウスメーカーでもトップクラスの高気密・高断熱性を保持していて、夏は心地のいい涼しさを感じることができます。

特に我が家はリビングの間取りに吹き抜けを設け、室内の空気を循環させるシーリングファンが付いているので、2階と1階の空気が上手く循環しているからです。

そのおかげで、室内は丁度いい気温を保ってくれています。

ただし、冬場はその吹き抜けが原因で暖かい空気が上へ上へと逃げてしまうのが唯一の欠点です。

しかし、積水ハウスシャーウッドは基本的に断熱性・気密性が高いので、冬場に吹き抜けが原因で引き起こされてしまう寒さ以外は、とても快適な室内空間だと思います。


>積水ハウスの耐震性を判断するのに最も役立つ方法