積水ハウスシャーウッドの一戸建てを将来的に売るということ…


長く暮らせる家とは…


もちろん、長く暮らせる家には何よりも躯体の耐久性などが重要であることは間違いありません。


でも、将来的に家を売却することを視野に入れることができるか…
このことを考えることは重要だと思います。


積水ハウスシャーウッドのように構造・躯体がしっかりしていれば、安心して暮らし続けていくことができます。

必要に応じてメンテナンスを行って、水回りを補修したり設備機器を新しいものに交換したり、家族が増えて増改築したり…

これらは積水ハウスシャーウッドのように家の構造・躯体が頑丈であればこそだと思います。

しかし、長年のうちにはライフスタイルが変化して、これまで暮らしてきた一戸建ての家を売却したり、人に貸したり、住み替えたりする…

そんな選択技も生じてくると思います。

例えば、積水ハウスシャーウッドを二世帯住宅として建築しても、子どもが独立をして夫妻二人で暮らすようになったり、家族構成がいろいろな事情で変わっていくかもしれません。

子供が独立したら、いっそ夫婦二人だけでマンション住まいをしよう…

こんな考え方もあるかもしれません。

「家を建てるときは、10年、20年先を考えて…」

なんてことを言います。

もちろんこのことはとても重要ですが、将来すべてのことを想像することは簡単じゃありませんよね。

限界もあります。

予想もしなかった事態になったとき、「家を売る」という選択肢が多ければ、大抵のことに対応できるわけですから…。

その選択技の中には、当然、積水ハウスシャーウッドの一戸建てを売却して住み替えるということも当然あるわけです。

積水ハウスシャーウッドの家は、一戸建ての家を売る中古住宅としては高い価値があると思います。

そうなると将来にわたり選択の幅は広がりますし、このような柔軟性もこれからの住まいには必要不可欠なことなのかもしれません。


>積水ハウスシャーウッドの木造集成材がこんなにも強いわけ…

リフォーム不要の家は長く快適に暮らせる


積水ハウスの家は長く快適に暮らせます。

それは大がかりなリフォームが必要ないからです。

積水ハウスの家のリフォームという点では、内装をリフォームしたりダイニングや子供部屋のリフォームで汚れたクロスを張り替えたり、床フローリングを張り替えたり…

そのような内装リフォームは、定期的に手掛ける必要があるかもしれません。

でも、大がかりな工事をすることはないと思います。

水まわりなど、もっとも傷みが激しいと思われる部分でも、大掛かりなリフォームをする必要はなくなるかもしれません。

言い換えれば、躯体構造にかかわるリフォームをしなくてもよい家は、長い期間にわたって問題点が発生しない…

そう思います。

そういう意味で、積水ハウスの木造シャーウッドは快適に暮らしていける家なのだと思います。

もちろん何もしなくていい…

そういう意味ではありません。

定期的なメンテナンスは必要です。

家族の人数が増えたりライフスタイルの変化などによるリフォームは別としても、暮らしていて住まいの不具合が多く、頻繁に手を入れているような家は、実は深い問題を抱えているのかもしれません。

>積水ハウスシャーウッドの一戸建てを将来的に売るということ…