積水ハウスシャーウッドを建てて生命保険料の見直しをしてみた


やっとの思いで手に入れた積水ハウスシャーウッドのマイホーム。

念願だった積水ハウスシャーウッド新築一戸建てを建てたのはいいのですが…
これから先、住宅ローンを何十年も先まで支払い続けると思うと、将来にわたって生活にどんな事態を起こるか想像もつきません。

長期間、返済し続けることになる住宅ローン…

我が家では、亭主が病気などで思うように返済ができなくなってしまったり、不測の事態に備えて、生命保険や病気になった際の保障についてチェックしておきました。

まず、生命保険料の死亡保険で、持ち家と賃貸では決定的に違うことがあります。
それは一家の大黒柱のお父さんが亡くなった場合の必要保障額です。

例えば、賃貸で家賃10万円の家に住んでいたとしますよね。
この場合、収入を担っていた大黒柱が亡くなっても家賃はずっと払い続けなる必要があります。

でも、持ち家の場合はローンを完済していても、支払いが残っていても、団体信用生命保険(団信)に加入しているので家と土地の代金は、以後必要なくなります。

我が家の場合、毎月の住宅ローンは10万円…
もしもの場合は、10万円×12ヶ月×30年=3,600万円が必要になりますし、その他にも、固定資産税やリフォーム費用、修繕のための積み立ても必要ですから…

我が家の積水ハウスシャーウッドでは、たぶん、40万円/年×30年=1,200万円程度もかかります。

このように試算すると、持ち家だと必要な保障が3,600万円-1,200万円=2,400万円も少なくていい…
ということがわかります。

また、生命保険料も真剣に見直しが必要です。

なぜなら、もし賃貸のままで今から4,000万円の生命保険に加入するには、毎月5,000円前後もの保険料が必要だからです。
月々5,000円だと、1年で6万円、20年で120万円の保険料にもなります。

我が家では、積水ハウスシャーウッド住宅購入時に生命保険を見直すことで、120万円も節約できることになったわけです。

この金額は大きいと思いませんか?

住宅ローンと一緒にこれだけの保険料を銀行に支払っていると考えれば、しっかりと生命保険料を見直すことがいかに大切かがわかります。

その前に、亭主を大切にすることも忘れずに…