ローコストに抑えた漆喰や珪藻土の壁材には調湿作業があります!

最近は塗り壁材として人気の高い珪藻土。

「幻の珪藻土」なんて名前の材料があるくらいですから…

なぜ人気なのかご存知ですか?

それは部屋の調湿作用があるからです。

実は、我が家の家族はいろいろなアレルギー体質を抱えています。

子供に関してはアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などいろいろです。

こんなアレルギー体質の天敵はカビ。

カビは部屋の湿度が高いと発生するものですよね…

そのためには調湿効果のある壁材、珪藻土を壁材に採用することが最適です。

我が家の建てた積水ハウスシャーウッドは、内装にクロスなどを貼ってしまうと、子供たちのアレルギー症状の発症が心配だったのです。


ですから、なるべく塗り壁珪藻土で我が家の壁は対応しました。

でも、ハウスメーカーから販売されている壁材の材料費がとても高い…

メーカーでの既調合のものはコスト高になってしまうことに気づいたのです。

実際に左官さんたちが使う材料は一般的には低価格なものが多い。

壁材として使用される漆喰や珪藻土は、とてもアレンジの利く材料です。

ですから、漆喰や珪藻土は自分の好きなように状況、環境に合わせて、自由にいろいろな質感を作り出すことができるので、漆喰や珪藻土の材料費をローコストに済ませるなら、普通の左官材料で十分なのです。

ハウスメーカーが作った材料を使用すると、コスト高になります。

ローコスト住宅に健康住宅を取り入れるなら、壁材は漆喰や珪藻土が一番です。