積水ハウスの新築一戸建てに住んでみて実感するアフターサービスの良さ


新築一戸建は、実際に住んだ後が大事…
よくそう言われます。

積水ハウスの軽量鉄骨と木造住宅シャーウッドの良いところは、そんな大切さを一戸建てを建てた後に実感することです。

つまり、アフターフォローの良さを実感します。
それは、地方の工務店やローコスト住宅を売りにしている住宅会社にはないものです。

建築後、どのような家でも必ず起こるのが施工不良や施工不備…
それはどんな大きなハウスメーカーでも起こります。

ただ、積水ハウスの良いところは、建てた後に起きる多少の施工不備等を、すぐに対応してくれる…
そんなメンテナンスやアフターサービスの体制が充実しているということです。

言い換えれば…
小さな工務店が建てた一戸建てなどでは、引き起こる施工不良や施工不備に対してあまり対応してくれない…
そんな疑念が生じているとうことも事実なのです。

例えば、建築後の定期点検です。

1年、3年、5年、10年点検も無料でしてくれます。

しかも、多くの大手ハウスメーカーの場合、カスタマーセンターの対応の良し・悪しはあるようですが、積水ハウスにそのような対応はありません。

つまり、売りっぱなしでも、建てっぱなしでもない…

そこが積水ハウスのような大手ハウスメーカーのいいところじゃないでしょうか。

新築一戸建ては、30年以上は最低でも住む長期の買い物です。

そういう点から判断すると、新築一戸建ては、安心して購入できるハウスメーカーが一番いいのだと思います。