積水ハウスのおしゃれな平屋を建てる工夫とは

積水ハウスの家をおしゃれにする工夫はまだまだあります。

本当にちょっとした工夫で、平屋が見違えるようにおしゃれになりますよ。

ポイントは窓。


窓は家のもう一つの顔です。

そして最も目につきやすいもの。

積水ハウスに限らず、通常の平屋は外壁面積が2階建て・3階建てに比べ少なく見える分、窓そのものが非常に目に付きやすくなります。

だからこそ、窓のカタチを注意して選ぶべきなんですよ。

例えば、正方形の形をしたスクエア窓と縦のスリット窓を組み合わせることで、デザイン性重視の窓にさせたり、大開口の窓にして光と眺望を取り入れたり…。

シンプルな基調の窓にして、平屋全体をナチュラルモダンの雰囲気に醸し出したりすることもできます…。

このように積水ハウスのおしゃれな平屋建てをより一層演出するためには、窓の選択に要注意です。

また、より一層おしゃれにさせる工夫もあります。

家の外部・内部を自然に区切るカーテンやブラインドです。

外からの視線を遮るためにも、カーテンやブラインドを家のイメージにあわせて丁寧にチョイスして下さいね。

平屋建ての極意、積水ハウスシャーウッド平屋建てのおしゃれ度を抜群に上げる工夫とは

価値のある積水ハウスの家ってどんな家だと思いますか?
家に愛着を持って長く住み続けられること。
この条件って一般的で極々普通ですけど、とても大切なことですよね。
家族構成の変化や年月が経っても、長きにわたって住むこのできる家とはどういうものなんだろう。

今、改めて積水ハウスの家を考えてみると、おしゃれな平屋の間取りになった家ってかなりポイント高めだと思います。

実用的でおしゃれな平屋の間取りについて、いろんな方向から少し詳しく説明していきます。

おしゃれな平屋のつくり方として重要なのが外観。
せっかく暮らしやすい平屋を建てるわけですから、長く愛着を持てるおしゃれな家にしたいものです。
そのためには平屋の特徴をより深く知ること。

そうすればおしゃれな平屋を建てることができます。
そこで重要なのが外観なんです。

平屋はシンプルさを追求した美しさの極美ですし、すっきりとした平屋の外観は、流行に流されない抜群の存在感があります。
でも、あまりにもシンプルさを求めすぎると味気がなくなってしまうのも平屋の特徴です。

そういう場合は外壁素材や色を工夫すればいいんです。

外壁材の家を工夫することでオシャレで素敵な雰囲気をかもし出してくれます。

最も人目につきやすいオシャレな外壁は、シャーウッドの陶板外壁ベルバーンです。

この外壁の重厚感は他に類がないほど…それほどおすすめ。
一昔前までは値段も高かったんですが、今は量産でお手頃な価格にまで下がっているようです。

特にベルバーンの白は不変のクリーンさをアピールしますし、ブラウンブラックでも少しとがった強い印象を与えますが、おしゃれの質はかなりハイレベルだと思います。
色調やデザインも多く、好みのものを選べるようになっていて、温かみさえ感じさせてくれるでしょう。

平屋は2階建て・3階建てでない分、居住スペースを横に取らざるを得ない構造です。
だからこそ、余計に外壁がその平屋の印象を左右すると感じますし、外壁材のの色・質感がおしゃれ平屋の外観の最大ポイントといっても過言ではないのです。
積水ハウスシャーウッドの平屋はとてもオシャレです。

モデルハウスや現地見学会があまり見かけませんが、実際の完成写真をみたり、設計担当者にイメージ図を描いてもらったりすると、とても参考になると思いますよ。

積水ハウスシャーウッド平屋の価格を他ハウスメーカーと比較すると…

現在、積水ハウスシャーウッドの平屋でご検討されているなら、一度、他のハウスメーカーと価格や性能の比較してみませんか。

積水ハウスの平屋なら木造の里楽が第一候補。

そして相手の第一候補が一条工務店です。

一条工務店のアイスマートは全面床暖房の高気密高断熱という家。

積水ハウスシャーウッドの里楽はシャーウッドプレミアム構造材など、実際に使用している建造物としては、かなりグレードが高いもの。

木の温もりや、空間の広がり、シャーウッドの技術を一度でも体感すると、その魅力に気づく方々が多いのだとか…。



シャーウッドの家自体の良さや特徴がまだあまりよく伝わってない人が多いらしいのですが、それはとってももったいないこと。

積水ハウスのネームバリューは大きく、アフターの充実などは間違いありませんし、その他のこととして、家の性能自体も間違いなく一条工務店より積水ハウスの方が優っているでしょう。

価格帯は50万円~65万円程度、2階建てよりも少し高めです。

これは屋根構造が広くなるため、坪単価としてはどうしても少し高くなっちゃうんですよね。

坪単価の価格の方が高くなることは、平屋独特の現象であり、どこのハウスメーカーも同じこと。

また、平屋価格は一条工務店と比較しても少し高めですが、実は家の性能や機能がまるで違うんです。

もし同じ価格で平屋の家を建てるなら、間違いなく一条工務店よりも積水ハウスシャーウッドの平屋の方が後悔しないと思います。

その理由は積水ハウスの断熱機能のレベルの高さです。

一条工務店は断熱が内外の二重。

使われている断熱材も硬質ウレタンですが、これが一条工務店の大きな弱点なんですよね。

断熱材がよく、あまりにも気密性が高いため、逆に結露がしやすくなってしまうということです。

一方で、積水ハウスは内断熱のみで断熱材もグラスウールですが、住まいの湿気対策が抜群に優れています。

住まいの大敵は、壁体内の見えない結露。

この結露対策として、寒暖の差が大きくて湿度の高い日本だと、壁中や床下などの湿気をいかに逃がしてやるかが大きなポイントになります。

積水ハウスシャーウッドはこの対策に秀でて抜群に優れているんです。

外壁の2つの通気層で、壁体内の下から上へ流れる自然空気の流れ、湿った空気を直接戸外へ排出させることができちゃうんです。

この機構を持っているのは積水ハウスだけ。

平屋の価格面では一条の方が安い。

でも、その機能性能は積水ハウスの方が間違いなく上なんですよ。

どうですか?

家は安かろうだけでは後々に必ず後悔します。

だからしっかりとした良い家を選ぶことも重要なんですよ。

そのあたりを十分考慮してご検討してくださいね。