積水ハウスシャーウッドの担当営業マンの人柄で大幅な値引きが実現できる

家づくりでは値段(価格)の下げやすい間取りがあります。
実はそういう価格の下げやすい間取りにすることで、積水ハウスシャーウッドの家を大幅に値引きが実現できる場合があります。

例えば、今から注文住宅で建てようとする積水ハウスシャーウッドの間取りについては、ある建売り住宅の間取りとまったく同じで設計したり、間取りを総2階のシンプルな形にしたりすると、面積と構造計算の関係で安くなる場合があります。

また、国家公務員だとKKR(国家公務員共済組合連合会)の割引特典があり、この特典割引があれば、交渉をしなくても5%もの割引が実現できちゃいます。

このように積水ハウスシャーウッドの値引きには、さまざまなやり方がありますが、その中でも意外と重要なウエイトを占めるのが、営業担当者がどういう人柄なのかといった一面が大いにあります。

値引きできる条件がどのような条件なのかにもよりますが、5%や8%の割引というのはよく聞きます。
しかし、営業してくれる担当営業マンによっては、決算時期などのタイミングをうまく使えば1割引き…というケースも夢ではありません。

一方でタマホームなどのような建売住宅の価格は、交渉などしなくても「売れていないだけ」で自然に約2割引とかいう値引きが実現することもあります。

実は、住宅業界そのものがそういう業界なのかもしれませんが、大きな買い物をするわけですから、値引き交渉しないと損になることは間違いありません。


>平屋建て坪単価のカラクリを暴く

積水ハウスシャーウッドの大幅な値引きを実現させるために覚えておきたい決算時期

積水ハウスシャーウッドの価格を値引きする方法として、もう一つ有効な方法があります。
それは家の完成引渡しが、積水ハウスシャーウッドの決算時期(1月)になるように契約することです。

積水ハウスの決算時期は、毎年1月です。
その1月に家そのものが引き渡されるようにするには、契約を前の年の7、8月にすればいいわけです。

また、夏の決算(中間決済)も引き合いに出せます。
夏の決算前までに、家が引き渡し完了でいるように契約すれば、大幅な値引き交渉が期待できるからです。

その際に気をつけていただきたい、積水ハウスシャーウッドの営業担当者がよく使ってくる交渉テクニックがあります。
それは「決算時期なので、割引をしますよ!」という声のかけ方です。

これは営業マンがここぞと使う魔法の言葉なのですが、実は買主側からするとそうではありません。
決算期に売れても、その売り上げは次期の決算になります。

つまり、営業担当者がかけてくるその言葉には、何の意味もないのが分かりますよね。
決算時期と割引には直接関係がないということです。

この営業トークでつい契約の印鑑を押す人が多いようですが、そうならないように気をつけてください。

値引き交渉するねらい目は毎年の7、8月です。
このタイミングが重要でかなり値引率が高くなると思います。

また、決算期ではありませんが、大幅な値引き交渉が期待できる期間があります。
それは積水ハウスの建売分譲キャンペーン「まちなみ参観日」です。

このような時期に価格交渉を行うと、大幅な値引きが実現できますので参考としてください。


>積水ハウスシャーウッドの担当営業マンの人柄で大幅な値引きが実現できる

シャーウッド一戸建ての値引き交渉で最も効果的な方法

積水ハウスシャーウッドの坪単価は、他のハウスメーカーよりも高く、その物件がたとえ建売であっても坪単価は70万~80万ほどします。
同じ積水ハウスであっても、軽量鉄骨造よりも若干高めになっていて、価格帯としては他のハウスメーカーと比較しても、高額です。

しかし最も重要なのは、どれくらい安きしてもらえるか…
その値引き方法であり、値引き割引です。

また、値引きしてもらえる状況に営業担当者を追い込む戦略が重要なのです。

では、値引き交渉をするための一つの例をご紹介します。

まず、競合するハウスメーカーや工務店に対して相見積もりをとります。
積水ハウスシャーウッドであれば、それ相応のライバル会社がいいでしょう。

例えば住友林業、大和ハウス、へーベルハウスなどに相見積もりをとります。
そこで見積もりを取るための条件をそろえます。

つまり、延べ床面積、間取り、これだけは備えてほしいというオプションを相手に伝えて相見積もりを取るという条件を同じにするのです。

見積もりをとったら、その金額を積水ハウスシャーウッドの担当営業者に伝えてみてください。
そうすると、かなり大きな価格割引が期待できると思います。

実はこの方法、ハウスメーカーとの値引き交渉には必須の手段なのですが、手間がかかるため、あまりやりたがらない施主さんがたくさんいます。

しかし、少々の時間はかかりますが、大きな買い物をするわけですから、やらないと損をすることになります。

ぜひ実践してみてください。


>積水ハウスシャーウッドの大幅な値引きを実現させるために覚えておきたい決算時期

ハウスメーカーや工務店の一括資料請求サービスを利用する際のコツ

ハウスメーカーや工務店の一括資料請求サービスを利用する際にはあるコツがあります。

あらかじめ地域や希望条件をまとめてハウスメーカーに資料請求すると、知りたい情報をいち早く得ることができますので利用しない手立てはありません。

例えば、建築予定の地域や「予算」「二世帯住宅に強い」「地震に強い」など、希望の条件にそって自分の興味のあるハウスメーカーだけにチェックをして資料請求する…。
そのチェックしたハウスメーカーや工務店に対してまとめて一括して資料を請求する事ができるのです。

たった一回の入力で、候補に上がっているハウスメーカーにまとめて資料請求できるので、名前や住所など手間になる事を何度も入力する手間が省けます。

家づくりは膨大な時間と労力が必要とされます。

さらにエネルギーを使う事になりますから、こういうサービスを積極的に使用して、少しでも楽ができるようにすることはとても大切なことだと思います。

まじめに一つ一つを調べてしまうと、途中で息切れしてしまいます。
その後の価格交渉の場面で早々と妥協してしまいかねません。

必ず後で後悔する事になりますので、家づくりの情報収集手段の段階からなるべく楽な一括資料請求サービスを利用することをおすすめします。

ハウスメーカー情報収集に役立つとても便利なもの

家族が家に住み、その暮らしの住まいが家族全員にとって幸せになれる家は、とても理想の家だと思います。

そんな理想の家を立てることができるかどうかは、積水ハウスシャーウッドのようなハウスメーカーや工務店選びでほぼ決まるということを、本当の意味で理解している人は多くいません。

ある意味、ハウスメーカーや工務店選びで家づくりは90%以上が決まると言っても過言ではありません。

では、そんなよりよいハウスメーカーや工務店をどのようにして選べばいいのかというと、やはり最初は気になるハウスメーカーの資料請求から始まります。

今やどんなハウスメーカーや工務店も自社の家づくりを紹介したホームページを持っています。

そのホームページにはたくさんの情報を発信しているのですが、資料請求してもらえるパンフレットには、実はホームページに掲載されている以上の家づくりに必要な具体的な情報がたくさん書かれています。

積水ハウスのホームページにも、木造シャーウッドの基本的な情報は掲載されていいますが、資料請求によって得られる情報の量とは格段の差です。

そして、その時の資料は家族に紙のパンフレットとして見せることができますし、資料請求で得られる情報は、家族みんなで家づくりができるという実感がもてる、本当の意味でのアイテムだと思うのです。

必要な時に家族みんなでパンフや資料を机の上に広げる事ができ、家族みんなで複数の情報を分かり合えることができます。

また、ネット上で1社ずつ資料請求すると、興味のある複数社に同じような情報を何度も情報入力しなきゃいけなかったりで結構面倒ですよね。

そんな時には無料で利用できる一括資料請求サービスを利用して、時間と労力を一気に節約することをおすすめします。


>ハウスメーカーや工務店の一括資料請求サービスを利用する際のコツ

軽量鉄骨のデメリットを克服させた積水ハウスの木造シャーウッド

鉄骨造のハウスメーカーに関する話ですが、軽量鉄骨造のハウスメーカーには次のようなメーカーがあります。

軽量鉄骨造の代表的なハウスメーカーとして…

積水ハウス
大和ハウス
へーベルハウス
セキスイハイム
トヨタホーム

またその中でも、多くの部材を工場生産しているのメーカーは、セキスイハイムとトヨタホームだけです。

そこで、木造住宅と比較した場合の軽量鉄骨造のメリットとデメリットを見てみましょう。

まず、軽量鉄骨のメリットは、少ない構造体で家の強度が取れるため、間取りづくりで大空間が取りやすい事と、間取りプランの自由度そのものが木造住宅よりも高いことが大きなメリットとなります。

そんな軽量鉄骨造ですが、実は自由度が高いことが、鉄骨系ハウスメーカーのデメリットにもなるということをご存知でしょうか。

軽量鉄骨のデメリットは、家自体が重くなる為、家がとても揺れやすいという事があります。

また、鉄骨の方が木造よりも熱を伝えやすい事で、断熱性が低く、熱を非常に伝えやすいという特徴があり、この2点が軽量鉄骨造の大きなデメリットとなるのです。

積水ハウスをはじめ、多くのハウスメーカーでは、軽量鉄骨の実質的なデメリットの為の対策を講じています。

その分、価格が高くなってしまうことが欠点なのです。

そのような中、積水ハウスはそんな軽量鉄骨のデメリットを打開するために、木造住宅シャーウッドを商品として扱っているのです。


>ハウスメーカー情報収集に役立つとても便利なもの

鉄骨造か木造かを比較してモデルハウスを見学する

みなさんが住宅展示場に行ってモデルハウスを見学する時、どのようにして展示場のモデルハウスを見て回りますか?

自然と入っていく…

とか、積水ハウスやダイワハウスなどのようなブランドイメージからモデルハウスを選んで入る…

といった方法で住宅展示場を見学する方々は多いはずです。

もちろんどういった方法であってもいいのですが、ある特定のハウスメーカーを見る事だけで時間を無くしてしまうという事を避けてもらう為に、少なくとも見学する際に、自分たちが意図した家づくりをしているハウスメーカーに狙って行けるようにしたいとは思いませんか?

そんな住宅展示場での見学の仕方、情報をとりあえずおさえておくことをおすすめします。

まずは、ハウスメーカーの構造体についてです。

大手ハウスメーカーの構造は大きく分けて鉄骨と木造の2種類に分けることができます。

積水ハウスは鉄骨造と木造シャーウッドの2種類ですが、ほとんどのハウスメーカーは1種類の構造体しか作っていません。

ハウスメーカーの構造は、大きく分けると鉄骨と木造で別ける事ができますが、RC構造について、実はどこのハウスメーカーも作っていないことを知っておきましょう。

基本は鉄骨造と木造です。

鉄骨に関しては、基本的に軽量鉄骨造であり、木造に関して言えば、木造軸組工法とツーバイフォー工法(ツーバイシックス工法含む)に別ける事が出来ます。

セキスイハイムのように、ハウスメーカーが持つ工場の中で造るという特徴的なユニット工法を持もメーカーもあります。

つまり、家づくりは軽量鉄骨、RC造、木造軸組工法、ツーバイフォー、ユニット工法の5種類あるということを知っておくとよいでしょう。

住宅展示場では、そのような5種類の家づくりの中で自分が建てたい家のモデルハウスを見ればいいのです。

ちなみに、我が家は木造住宅を建てたかったので、積水ハウスシャーウッドのモデルハウスを選んだのでした。


>軽量鉄骨のデメリットを克服させた積水ハウスの木造シャーウッド

積水ハウスシャーウッドの情報をネットで知る活用術

家づくりのいろんな情報を資料請求するためには、一番手っ取り早い方法としてインターネットの活用が効果的です。

積水ハウスシャーウッドに関する資料請求やインターネットによる建築工法の勉強は、自宅に居ながらでも、自分のペースで検討できるので、これはとても大きなメリットだと思います。

しかも他のハウスメーカーとの比較が簡単にできるし、どんな工法でどんな住まいができあがるのか、簡単に知ることができます。

これは家づくりにおいて大きなメリットです。

また、ホームページには各社の経営理念や建物事例、工法までが詳しく紹介されていて、過去の建築実例などを写真付きで紹介していたりします。

積水ハウスシャーウッドの家がどのような家なのか、各社を比較検討することもできるし、家選びの良い判断材料となります。

しかし、言うまでもありませんが、インターネット上の情報をすべて鵜呑みにすることはできません。

営業担当者に直接話を聞いたり、実例を見学したりと、最終的には足を運んで家づくりの現場をたいけんすることも重要だからです。

最終的には、やはり実物の建物を見たり、聞いたりすることも重要でなのです。

新築一戸建ての建物を直接見たり触れたりすることで、住み手側の実感としてシャーウッドの構造や担当営業者の印象、建物の住み心地、そしてアフターサービスに至るまで様々な生きた情報を自分の目で確認することができます。

それが実際に木造シャーウッドを肌で感じることのできる大きなメリットなのです。

 
>鉄骨造か木造かを比較してモデルハウスを見学する

ハウスメーカーや工務店探しで感じたことや注意すべきポイントをまとめてみました

我が家は積水ハウスシャーウッドで家を建てました。

でも家づくりをしてくれるハウスメーカーを探し始めた当初は、ハウスメーカー選び自体に何のこだわりもなく、「いい家をより安く」を最優先に探し続けていました。

こんな私のように、新築一戸建ての家づくりをしようとか、建売の家を購入しようとか、最初から家づくりに関する知識なんて誰も持っていないのが現実だと思います。

最初から、このハウスメーカーで建てたいとか、ここの工務店がいい…とかの思いはほとんどないのです。

そこで、家づくりにおいて私が感じたこと、ここはこうすべきというポイントや注意点をまとめてみました。

まず、積水ハウスシャーウッドはいいハウスメーカーです。
しかしながら大きい会社だからいい家が建てられるかというと、実はそうではありません。

建築会社には、それぞれで良い意味でのこだわりがあります。
自分の感覚に合う工法や素材、そして家づくりに対する姿勢を見極めてジックリと検討することが大切です。

そしてお勧めしたいのが、建築中や完成後の見学会になるべく足を運ぶことです。

工事現場では工務店や職人さんの仕事に対する姿勢が出るものです。
だから、現場が整理整頓されているか、職人さんのマナーがどうなのかも確認したいところです。

この工務店では家を建てたくない…そういうケースがある時にわかってきます。

積水ハウスや大和ハウスなど大手ハウスメーカーにそんな感じは抱きませんが、地元の工務店などにはよく感じるようになります。

地元の工務店で知り合いだったりすると、いざとなれば断りにくいのですが、他社と比較検討するような場合は、最初にその旨をハッキリと伝えておくは大切だと思います。

そして最後に、その住宅メーカーの経営状態をしっかり把握しておきましょう。
一戸建ての家づくりでは、契約して家を建てたハウスメーカーや工務店との付き合いが一生続きます。

特に、家を建ててからのアフターメンテナンスはとても重要。

契約後や工事中に請負業者が倒産したという話も珍しくありません。

その場合、施主にも大きな被害が生じますので、注意しておきたいところです。


>積水ハウスシャーウッドの情報をネットで知る活用術

住宅展示場の積水ハウスシャーウッドモデル住宅で確認すべきこと

住宅展示場のモデルハウスを見学する時に、注意してほしいこと、見て確認しておくことをご紹介します。

住宅展示場には、積水ハウスはもちろん、場所によっては木造シャーウッドの家も見れるかもしれません。

住宅展示場にはたくさんのハウスメーカーが出展するものと、ひとつの住宅メーカーや工務店が出店する単独展示場の2種類があります。

家づくりにほとんどど素人な方たちは、家づくりとは何かを知るための施設で、特にたくさんの住宅メーカーが集まった総合住宅展示場では、各社を同時に比較検討することができるので、最も活用される場所だと思います。

が、しかしこの住宅展示場は現実の家づくりとかなりかけ離れたものですから、あくまで参考程度にすることをおすすめします。

では、何を念頭に見学すべきか、そのポイントや注意点を説明します。

まず、総合住宅展示場に建ち並んでいる住宅は、各ハウスメーカーが高級感を競い合って建てたモデルハウスであり、その建物が一般的な住宅などとは思わないでください。

重要なことは、そのモデルハウスに標準仕様がどこで使用されているのかを確認し、わからなければ展示場の担当者に聞いてください。

きっと教えてくれるはずです。

また、総合住宅展示場に入ると、必ず受け付けや各住宅メーカー住宅展示場でアンケートに住所氏名の記入をさせられますが、その際はキッパリと断りましょう。

「家づくりの参考までに立ち寄っただけです…」とかでごまかしておくのが無難です。
もし、住所を書いてしまうと、後々の電話折衝や訪問活動の対象者になる可能性が大きくなりますから…。

建物金額の確認に関してはもっと注意が必要です。

本来なら、見学者はそのハウスメーカーで建てた家にいくらで住めるのかを知りたいはず。

しかし、案内する担当者に聞くと、説明内容がそれぞれ違う場合があり、その金額がどのようなうちわけなのか、どこまでの工事費なのか、つまり本体工事費、屋外給排水工事費、ガス工事費、電気工事費などを含めて、坪単価が一体どれくらいなのか、およそのオーダーを聞いておく必要があります。

そこでの役に立つポイントは、各社の金額比較をするために平均的な「建物引き渡し時価格」を聞きだしてください。

要は、住まいの鍵を引き渡す時までの総額です。

住宅の鍵をもらうまでに、一体いくらかかるのかです。

こうすることで、必要な資金がどれくらいなのかを把握し易く、仮に見積もりを出してもらっても「えっそんなに掛かるの」とびっくりすることも少なくなりますから…。


>ハウスメーカーや工務店探しで感じたことや注意すべきポイントをまとめてみました

積水ハウスの軽量鉄骨造か木造シャーウッドかで迷ったら…

木造シャーウッドの住宅だと、どのような特徴があるのでしょうか。

まずあげられるのが耐震性能に関してです。
軽量鉄骨造は、地震時や横風を受ける際、大きく揺れやすいですが、木造住宅はどうなのか…。

これを理解するためには、木造住宅が地震に対してどこで耐えるのかを知ることです。

一般的な木造軸組工法は筋かいで住宅としての強度を出していますが、最近は壁式工法や壁式工法と筋かいの両方を採用し強度を持たせることが多くなっています。

しかし、積水ハウスシャーウッドのシャーウッド工法は、木造の欠点は接合部だと言われている接合方法を独自の技術で克服させた構造となっていて、プレカットによる接合方法から金物接合になっています。

この構造がシャーウッド構造(ラーメン構造)の基本となっているわけなのですが、その特徴はとても強靭で強固だということです。

鉄骨住宅のように引張りだけに耐える筋かいとは違い、木造シャーウッドは引張りにも圧縮にも両方に耐えるものとなっています。

家そのものの強さからいうと、逆に積水ハウスシャーウッドの木造住宅のほうが高いということです。

しかも、部分的に壁式工法を採用しているので、筋かいの代わりに部分的な壁で耐震性を向上もさせていますから、その強さは木造住宅ではトップクラスです。

つまり、シャーウッド構造は軽量鉄骨造よりも強度的に優れている、と言えるのです。


>住宅展示場の積水ハウスシャーウッドモデル住宅で確認すべきこと

軽量鉄骨造の家が木造住宅よりも揺れやすい理由

積水ハウス以外にも軽量鉄骨造で家を建てるハウスメーカーは数社あります。

大和ハウスやトヨタホームなどです。

個人的に言えば、軽量鉄骨造のメリット・デメリットは次のようなものだと思います。

メリットとしては、柱が細くても耐力があるため、壁厚が少なくて済むので、室内空間が一般的な木造住宅よりは広くなると思います。

また、木材に比べて施工時の精度が高い、ということもメリットだと思います。

デメリットとしては、軽量鉄骨造の家は大きく揺れることが前提ですから、外壁材に与える影響はかなり大きいと思います。

例えば、外壁材が縦割りしたり、縦目地が大きく開いてしまったりします。

木造シャーウッドで使用される外壁材と比べると、軽量鉄骨造の外壁材は目地の数がとても多くなっているのをみると、納得できると思います。

つまり、目地部が多いことは目地部だけが劣化しやすくなり、汚れが目立つようになります。

加えて、鉄ですから熱に弱く、暑い夏場などは鉄骨が柔らかくなります。

もしそんなときに大きな地震が起こったら…
想像するとわかると思います。

さらに、間取りの自由度が思った以上ないこともデメリットの一つです。

このように考えると、一般的に軽量鉄骨造の家は、木造住宅よりも大きく揺れやすいというイメージが理解できると思います。


>積水ハウスの軽量鉄骨造か木造シャーウッドかで迷ったら…
>軽量鉄骨造の家が木造住宅よりも揺れやすい理由

積水ハウスだけじゃない…一般的な軽量鉄骨造の最大の弱点とは…

積水ハウスには軽量鉄骨造と木造シャーウッドがありますよね。

一方的ではありますが、ここでは軽量鉄骨住宅の弱点部を少しご説明します。

その前に、まず住まいの家について、どんな力に耐える必要があるを思いますか?

台風や地震、そして屋根や上階の重さなどの家そのものの加重…
例えば、傾斜地に建てた家の建物を想像してみると、わかりやすいかもしれません。

もし、その家に猛烈に強い横風があたるとどうなるか…

そう考えると、家を建てる上で何が一番大切なのかがわかります。

一番重要なのは地面の強さ(地耐力)です。
特に、建物が沈んだり、傾いたりしないための土地の硬さが大切です。

強いと風が吹くと、住宅の基礎が地面から浮き上がろうとします。
そうなると基礎の強固さや形状等が重要になります。

さらに強い風が吹くと基礎と建物が離れようとする力が働きます。
ここでは基礎と建物を接合する強度も大切になってきます。

こういうふうにイメージしてみると、家を建てる際にどこが重要なのかがわかってきます。

では、軽量鉄骨住宅の場合はどこで耐えるのでしょう。

積水ハウスの軽量鉄骨は鉄の筋かいで耐えます。

大和ハウスの軽量鉄骨もそうです。

自転車の骨部材をイメージするとわかりやすいと思います。

それぞれの部材は細いですが引っ張られる力にとても強いものです。

でも、自転車の骨部材は強く押されると非常に曲がりやすくなる部材でもあります。

つまりそれが軽量鉄骨造りの一番の弱点なのです。

わからないことばかりの打合せを重ねていく時の対処方法

積水ハウスシャーウッドとの家づくりが始まると、間取りを決めたり住宅設備を決めたり、本当の意味での打合せをどんどん重ねていきます。

その打ち合わせの会話の中で出てくる家づくりの専門用語は、ほとんどの家族にとって初めてのことだと思います。

間取りのことや設備関係のこと、シャーウッド構造の詳しい内容や家事動線など、どれを聞いても専門的なことで、わからないことばかり…。

実はこの時期が家づくりをする家族にとって、最も大変であり、最も重要な段階だなのです。

家づくりで最も失敗してしまうことは、この段階で積水ハウスシャーウッドの設計や営業担当者に言われるままに進めてしまうこと、任せてしまうことです。

仮に任せてしまっても積水ハウスなので、できあがりに大きな不満はないと思いますが、もし私がはっきりと打ち合わせの中で物事が言えれば、もっと満足いく家が建てれることは間違いありません。

そんな時は、「素人だから教えて下さい。」とはっきり相手に伝え、少しでも気になった事は聞くことが一番いい方法です。

思っていた程、こうした方がいいなどの家づくりのアドバイスがない状況で、間取りなどの重要事項をどんどん決めて進める事もあります。

そこは、大手ハウスメーカーだからと安心するのではなく、すべてを任せっきりにせず、疑問に思ったことや本当にこれでいいのかと感じたことを直接相手にぶつけてみてください。

恥ずかしがることなんてありません!
設計図のやり直しは何回でも仕切り直しがききますから…。

気にせずに設計担当者に何度でも何度でも図面を描かせましょう。


>積水ハウスだけじゃない…一般的な軽量鉄骨造の最大の弱点とは…

住宅展示場にある積水ハウスのモデルハウスに騙されないでください!

家づくりで叶えたい事はできるだけ叶えたい…。

だからとにかく価格の安いハウスメーカーを探すといった家づくりを始める人も多いと思います。

積水ハウスではないですが、ある人が結局タマホームに決めた理由を明かしてくれたことがありました。

最初は住宅展示場に行って、積水ハウスの軽量鉄骨造や木造シャーウッドのモデルハウスを見学していたらしいのですが、大手ハウスメーカーのモデルハウスは豪華でとても現実感がなかったそうです。

そこでたまたまタマホームのモデルハウスに入ったところ、迷わずタマホームに決めたのだとか…。

理由は簡単、「安いから」です。

タマホームのモデルハウスはいい意味で質素にまとめているようです。
大手ハウスメーカーのように豪華な家じゃなく、本当に必要最低限の標準仕様しか備えていないとか。

つまり、その人は住宅展示場のモデルハウスマジックには騙されなかったって事です。

積水ハウスのような大手ハウスメーカーのモデルハウスを見た人は、勘違い的な夢を描いてしまいますが、実際はそのまま建てると坪単価が100万円以上するような高価な仕様です。

これだとオプション仕様すら入れることができなくなります。

タマホームの場合は価格の安い標準仕様から、いろんなオプション仕様を取り入れることができる分、メリットがあるのかもしれません。

住宅展示場にある積水ハウスのモデルハウスはなるべく入らないようにしましょう。
入ったとしても眺める程度にしておいた方がいいと思います。

本当の積水ハウスの家をご覧になりたいなら、完成見学会や構造見学会などの標準的な家をご覧になってくださいね。


>わからないことばかりの打合せを重ねていく時の対処方法

積水ハウスの軽量鉄骨と木造シャーウッドの耐震性の違いとは…

積水ハウスや大和ハウスのような軽量鉄骨の建物は、わりと耐震性の高い建物として知られています。
その大きな理由の1つは、軽量鉄骨の軽さです。

地震の時に、建物としてはなるべく軽くて高さが低いほうが地震に堪えます。
逆に重くて高さが高くなればなるほど、揺れの影響を受けやすくなるのは、何となく想像できますよね。

だから、家はなるべく重さの軽い軽量鉄骨造のほうがよく、しかも高さの低い家なら、地震の影響を受けにくいといえます。

では、大きな地震が来ても軽量鉄骨の建物は揺れないのかというとそうではありません。

むしろ軽量鉄骨造の建物はよく揺れるといわれていて、大きくと揺れたり動くことで衝撃を吸収するという言い方の方が正しいのかもしれません。

つまり積水ハウスの軽量鉄骨造は、建物自体をわざと大きく揺らすことで地震の衝撃を吸収するという方法です。

軽量鉄骨造の建物は、そのしなやかさや柔軟性で大きな地震の揺れを吸収するという耐震性能を持っているのです。

しかし、積水ハウスの木造シャーウッドは違います。

シャーウッド構造で使用される構造部材はいわゆる集成材といわれるもので、十分に乾燥された木材を一定の強度を確保できるように貼り合わ木材となっています。

軽量鉄骨のようにしなやかな柔軟性はありません。

そのかわり強い強靱生がありますので、その強さを生かして耐震性を極めている…
それが木造シャーウッドなのです。

このように積水ハウスの軽量鉄骨造と木造シャーウッドでは、そもそも耐震性の持たせ方が根本的に違うということを理解しておくと、非常にわかりやすいと思います。

積水ハウスの耐震性を判断するのに最も役立つ方法

積水ハウスの中古一戸建てについて、その耐震性を判断するのに最も役立つ方法があります。
それは築年数と地盤状況を確認することです。

積水ハウスの新築の場合は問題ありませんが、積水ハウスの軽量鉄骨や木造シャーウッドでの中古住宅の購入を考える場合には、まず築年数がどれくらいになるのかが大きなポイントです。

築年数が古いからといって、単純に悪いということではなく、そこは積水ハウスなので大きな問題は生じないと思います。

一番大切な判断基準は新耐震基準に沿って造られた家であるかどうかです。

新しい耐震基準は1981年の6月に設定されました。

もしこの年代よりも古ければ、積水ハウスの家といえども耐震性に何らかの不安が残ります。

このような建物の場合は耐震診断というものを受けていて、その結果が問題なければ問題ありませんが、家が建っている地盤条件が悪ければ、家が歪んだり沈んだりしてしまいます。

地盤のしっかりした場所にたっている積水ハウスの中古物件を選ぶようにしましょう。

耐震性については、築年数と地盤条件を踏まえておくと、より賢い中古物件選びができると思います。


>積水ハウスの軽量鉄骨と木造シャーウッドの耐震性の違いとは…

室内の温度を一定に保つ積水ハウスシャーウッドの気密性…

一戸建ての部屋の中で、室内の熱エネルギーを最も出入りさせてしまう場所はどこだと思いますか。
実は窓などの開口部です。

窓は、外の気温の影響を直接受けやすい箇所で、特に寒い冬場には室内から暖かい空気が約50%近くも窓から逃げてしまうと言われています。

さらに夏場には、逆に外から厚い空気が約70%も窓などの開口部をすり抜けて出入りすると言われていて、この温度の出入りを解決するには、窓の開口部分を完全に遮熱する以外ないのです。

つまり、外気の温度に影響されずに室内の温度を一定に保つためには、一戸建ての家の気密性がとても重要になるわけです。

また、窓の開口部分だけじゃなく、外壁材から室内に伝わる熱を遮る方法も考えなくてはなりません。

このような問題を解決するためには、いかに高断熱・高気密な住宅を造るかにかかっています。

外からの外気温の影響が受けにくく、室内温度を一定に保つことができれば、とても高性能な家だと言えると思います。

積水ハウスシャーウッドはハウスメーカーでもトップクラスの高気密・高断熱性を保持していて、夏は心地のいい涼しさを感じることができます。

特に我が家はリビングの間取りに吹き抜けを設け、室内の空気を循環させるシーリングファンが付いているので、2階と1階の空気が上手く循環しているからです。

そのおかげで、室内は丁度いい気温を保ってくれています。

ただし、冬場はその吹き抜けが原因で暖かい空気が上へ上へと逃げてしまうのが唯一の欠点です。

しかし、積水ハウスシャーウッドは基本的に断熱性・気密性が高いので、冬場に吹き抜けが原因で引き起こされてしまう寒さ以外は、とても快適な室内空間だと思います。


>積水ハウスの耐震性を判断するのに最も役立つ方法

アレルギー対策としての積水ハウスシャーウッドの性能を考えると…

一般的に「高断熱」「高気密」な家ほど、アレルギー対策としては良いだと言われてます。

では、「高断熱」「高気密」な家がどういう造りなかというと、最も注目すべきは「壁」と「窓」の構造に注目してください。

壁には外気温を遮断する高性能な断熱材を充填し、窓には二重構造など通常の窓ガラスよりも厚い複層ガラスを使用して、窓のサッシ部には外気温を通しづらい樹脂性のものを使用すれば、気密性と断熱性のレベルがグンと高くなります。

積水ハウスシャーウッドの壁と窓の構造は、冬に結露を抑えるサッシと夏の遮熱に威力を発揮する複層ガラスの相乗効果で、どちらかというと窓の断熱性能を大幅に強化しているのが大きな特徴です。

壁はというと断熱性を高めるためにロックウールが断熱材として外壁や床、天井などに充てんされていますから、ある程度は断熱性能は高いと思います。

窓などの開口部は熱を伝えやすい弱点です。

でも、窓はあまりにも大きくすると断熱効果が下がってしまいますし、かといって小さくしてしまうと十分な採光が得られません。

開口部の大きさは断熱と採光のバランス二配慮してください。
複層ガラスなど断熱性に優れたサッシやドアを用いるといいかもしれません…。


>室内の温度を一定に保つ積水ハウスシャーウッドの気密性…

積水ハウスシャーウッドの気密性と断熱性を評価すると…

カビが生えにく家づくりをするためには、家を「高気密・高断熱」にすることが最も最良な方法です。

積水ハウスシャーウッドの一戸建ては、基本的に断熱性・気密性の高い住宅ですが、その気密性(Q値)と断熱性(C値)を示す値は、断熱性についてだけ公表されてます。

その断熱性(C値)は、2.4(W/㎡・K)です。

C値とは建物全体の断熱性能をあらわしていて、一般的な家であれば3.0程度ですので数値が少ないということはそれだけ断熱性能が優れていているという証拠。

つまり、C値が2,4というのは非常に断熱性能が高いことを示していることになります。

次に気密性を示すC値です。

C値とは建物全体の気密性能をあらわし、「隙間相当面積」と言い気密性能を表す指標です。
数値が少ない方が気密性能が優れていて省エネ効果があるということを示しますが、このC値を公表しているハウスメーカーはあまり存在しません。

この気密性をより高めようとるのであればいくらでも高くすることができるのですが、その測定方法によって数値が大きく変動しますし、その数字の根拠だてが各ハウスメーカーでバラバラだからです。

住宅メーカーによっては、単に気密住宅としか宣伝していない場合と、C値をはっきりとうたっている場合の両方があるのです。

ただし、 もしはっきりとした性能値を定めた住宅を取得したいのであれば、必ず、取得したいC値の値と、気密測定を契約書に含めるべきだと思います。

なぜなら、C値5.0以下は全て気密住宅だと言われていますが、気候による性能変動や築2年程度での性能低下も起こります。

その後は安定します。

このようにC値5.0以を基本にして考えておくといいと思います。
あまり期待しすぎても意味がないと思います。

もちろん積水ハウスの軽量鉄骨や木造シャーウッドの建物のトータルな気密性能は非常に高いので、効果的な冷暖房が行なえると思います。


>アレルギー対策としての積水ハウスシャーウッドの性能を考えると…

家づくりの段階でやるべきカビ対策とは…

アレルギーの原因でもあるカビを抑える方法は、家の気密性や断熱性を高めることが最も効果的な方法です。

アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患は、現代人にたくさん増えている病気ですが、その原因はダニや花粉、ストレスなどさまざまなものがアレルギーを引きおこすと言われています。

その中でも家の中に潜むカビがアレルギー性鼻炎の原因だ、といわれているんです。

カビが発生する最も多い時期は、寒い冬に起こります。
寒い冬の時期に窓などに結露が生じてカビが繁殖してしまうからです。

家の中にあるホコリや花粉は、こまめに掃除したり、こまめに掃除機をかけて取り除けますが、カビは一度生えてきたらなかなか繁殖を抑えることが難しいものです。

そこで最初の家づくりから、カビ対策を施すことをおすすめしたいのです…

では積水ハウスシャーウッドの一戸建て家づくりに必要なカビ対策ってどのようなものがあるのでしょうか?


>積水ハウスシャーウッドの気密性と断熱性を評価すると…

1階面積を広く2階面積を狭くしても建物価格は下がらない!

新築一戸建ての間取りづくりで、住宅建築価格を下げるために1階面積を広くして、2階面積を狭くしたりしても、建物建築費用は下がりません。

なぜ下がらないかご存知ですか?

一戸建ての建物は、基礎、柱、壁、屋根の4つで大きく構成されていますよね。

完全な1階建ての平屋住宅なら、基礎も軽いもので済みますし階段も要りませんが、ちゃんとした2階建ての間取りなら基礎は2階建てのために頑丈に造られますので、2階建てにすると費用的安くなる部分は、部材が少なくなる柱と壁だけなのです。

そういう意味で、2階建ての2階面積を小さくしても、ほとんど建築費用が安くなる見込みはないと思ってください。

そのうえ、積水ハウスシャーウッドのようなハウスメーカーの住宅が安くなる場合があると思いますが、つまりそれは家自体が規格品だからなのです。

一部だけを変えようとすると規格と違う材料を使用することになり、かえって建築費用が高くなることさえあります。

柱や壁の少なくして多少の材料費を安くさせても、規格と違うことでその分の手間賃でほとんど変わらなくなる…ということだってあるのです。


>家づくりの段階でやるべきカビ対策とは…

老後を迎える世代や夫婦2人住まいに人気の高いシャーウッドの里楽(りらく)

積水ハウスシャーウッドの里楽(りらく)は、木造住宅シャーウッドのシリーズ住宅です。
この住宅のターゲットは、忙しい会社勤めが一段落したシニア層に新しい快適な空間を提供する…
そんなコンセプトで売られているのだとか。

我が家でも、最初は里楽のプランが好きで、一度間取り設計をしてもらったことがありますが、子供二人の階段付の2階に部屋がほしいとせがまれ、あきらめた平屋建てでもあります。

実際に住んでいる方々の、里楽の評判や口コミについてネットや担当営業者からも聞くのですが、子育てが終わり子供が独立した後、夫婦二人になると大きな家は手に余るので平屋建てを建てる方々が多いのだそうです。

例えば2階建の家で部屋がたくさんある住宅では、どうしても掃除などが行き届かなくなるのだとか…。

また最近では、子供のいない若い夫婦も多いく、2階建程の大きな住宅も必要なく、積水ハウスシャーウッドの里楽のような平屋住宅で十分も多いものです。
しかも理想の間取りづくりができるとあって、あえて選択される方もいらっしゃるのだとか…。

積水ハウスシャーウッドの里楽は、老後を迎える方や、子供のいない夫婦2人の生活にとても有効的な住宅ではないかと思います。

余計なスペースを一切取り除いた、自分達のプランに合わせた住宅が作れるのもいい評判の一つなのだと思います。

ただし、里楽は平屋ですからどうしても坪単価に直すと高めになってしまいます。

金額的に高い水回りなどが、平屋の間取りの中でどうしても割合的に多くなりますから、どうしても費用が高くなります。
そこをちゃんと理解しておけば、納得のいく住まいづくりができると思います。


>1階面積を広く2階面積を狭くしても建物価格は下がらない!

家づくりの費用を予算内の抑えるために工夫したこと…

積水ハウスシャーウッドの家を建てましたが、予算内に収めるために、いろんな工夫をした部分もあります。
そんな工夫について少し紹介します。

ハッキリ言って、予算内に収めるための工夫といっても、そんなに立派なことをしたわけじゃありませんが、基本的には出来る事はなるべく自分たちでやる…ということです。

例えば、積水ハウスシャーウッドの標準の照明器具についてはあまりステキではなかったので、見積もりの中から全照明の予算を聞いて、その分を引いてもらい、自分たちで照明器具をネットなどで探しながら、材料を手配することぐらいです。

例えば、リビングの照明やダイニングテーブルを照らすペンダントライトなどはネットの方がたくさんいいものを売っていますから、そこで選ぶことをお勧めします。

夫婦共働きで、子供も2人いるので、とても忙しかいなかで、照明プラン考えていたことを覚えています。

そのほか、庭の外構工事は地元の業者を選んでお願いしました。

積水ハウスの外構工事は、何も言わずにいると積和建設がすべてを請負します。
そうすると工事費が非常に高くなってしまいます。

地元ににも優良な外構業者やエクステリア業者がたくさんありましたから、数社から見積もりを聴取して納得いくプランを提案してくれた業者と契約したのです。

このように、自分でできることは自分で選んだり、外構工事を地元の優良業者にお願いすることで、家づくりにかかる費用を安く抑えることができます。

確かに少し大変ですが、やりとげた後の達成感は大きいものですし、きっと満足のいくものだと思います。

自分たちで手をかけ、時間をかけて造り上げた家ですから、愛着もわきますよね。


>老後を迎える世代や夫婦2人住まいに人気の高いシャーウッドの里楽(りらく)

シャーウッドのホワイトウッド構造材が水に濡れると腐りやすい…のウソ

積水ハウスシャーウッドの構造梁材として使用される「ホワイトウッド」について、ネット上ではいろんな批判や憶測が飛び交ってます。
所詮はホワイトウッドと言っても白木だし、水に濡れると腐りやすい木のなのでは…

そう考えれられているのが一般的ではないでしょうか。

でも、実際にシャーウッドの集成材はたとえ水に濡れても強度は落ちません。

なぜかというと、集成材として高圧プレスで固められているため暴露試験や数ヶ月水中にさらしても、ほとんど耐久性には問題が生じないことを実証済みだからです。

しかも、構造材は年中風雨にさらされる訳じゃありません。
ウッドデッキなどのような環境であれば腐りにくい材質を選ぶ必要がありますが、構造材は外壁材に囲まれていて、通風も配慮されているの水にさらされるということがないのです。

つまり、使われる環境が全然違うということで、建築建材の躯体として使用する分には全く問題ないと言われています。

では、なぜネット上で国産材ではないといけない…
という話題が依然としてかかれているのかおわかりでしょうか?

私が思うに…
国産材でないといけない…ということではないでしょうが、ホワイトウッドは北欧の木であり、国内産でないがためのいろんなしがらみが業界の中には暗黙の了解としてあるような気がします。

あと、国産材はコストが高いという問題も大きいと思います。

そんなことうよりももっと注意すべきことは何かというと、結露や通気などの温熱環境対策、そしてシロアリなどの外敵の対策をきちんとすれば問題なくいい家づくりができる…ということます。

もし耐久性の高い国産材の樹種を構造材として使用したとしても、この対策を疎かにすれば家の基礎部分が腐り、シロアリの餌になります。

ホワイトウッドだからというだけで、家の寿命が短くなるなんて言うのはそもそも間違いなのです。

いずれにしても建築の材料や工法は多種多様な賛否両論、いろいろな情報がありますが、これから一戸建ての家を建てようと考えている方々にとっては、どれが最良の選択なのか見極めるのはそんなに難しくはない…
そう思います。

私が思うにこれらを客観的かつ経験なことを踏まえながら語れる人など、ほんの一握りしかいないと思うので、もっとホワイトウッドの良さに気付くべきなのです。


>家づくりの費用を予算内の抑えるために工夫したこと…

木の強さを引き出したシャーウッドの構造材

まずは、積水ハウスシャーウッド構造材の耐久性についてです。

そもそも「木」は本来一本づつ異なる性質を持っています。
一本の木だと内部の割れや腐れなどがあってもなかなかわかりません。
しかも部分的にそのような部位を取り除くことなんて、ほとんどはできません。

もちろん、ホワイトウッドの木もそのような問題がありますが、ホワイトウッドを挽き板にして、それを接着したものを集成材として使用するシャーウッドの集成材だと、木の欠点が発見しやすくなります。
しかも、木の良いところだけを使って、強い強度と高品質な集成材をつくることができるわけです。

また、木は乾燥させれば乾燥させるほど強度が増す…
そういう特徴をもっていています。

だから、シャーウッドの構造材として使うためには少なくとも含水率を15%以下にすることが重要です。

普通の一本材ならそのように含水率を落とすことができません。

でも、挽き板の集成材なら一つ一つを十分に乾燥させることができるので、これが確実な強度を保てると言われる大きな理由なのです。

だから、一本ものの木材と集成材の強度で、どちらが高いかというと、断然に集成材なのです。

例えば、家の構造材として使われる梁もそうです。
新築一戸建てでは柱と梁で力のかかり方が違ってきますが、一本モノの木材では強度が不安定で、求められる強度を持つ材料を探し出すのは難しいですし、コストもかかります。

しかしシャーウッドの集成材の造り方はとても合理的です。
強い曲げの力がかかる梁については、集成材の外側に配置させたりすることで、梁専用の構造材を造ることがでるのです。

適材適所で、しかも合理的なホワイトウッドの集成材ができちゃうんです。

だから、積水ハウスシャーウッドの構造は大空間の間取りづくりが簡単にできてしまうのです。


>シャーウッドのホワイトウッド構造材が水に濡れると腐りやすい…のウソ

シャーウッド構造材として使用されるホワイトウッド材の魅力

積水ハウスシャーウッドの構造材として使用されるSPF材をご存知でしょうか?

このSPF材とはスプルスといわれ、えぞ松、パイン松、ファー樅の北米産針葉樹の頭文字をつないでつけられた名前の木材ですが、これはシャーウッド材として使われているホワイトウッドと同じものになります。

このホワイトウッドは、シャーウッド材だけじゃなく2X4(ツーバイフォー)工法でも用いられる構造材としても有名で、現在、日本で急速に普及しています木材なのです。

今や在来工法ではほとんどの構造材にホワイトウッドが使われるようになりました。

その理由としては、価格が安くて柔らかく加工しやすいからです。
ホワイトウッドのSPF材としてはDIYで作るウッドデッキ材として、ホームセンターにも並んでいるくらいですから…

ただし、ホワイトウッドのデメリットな特徴もあります。
それは水に弱くて腐食しやすいという弱点です。

そんなに水に弱いホワイトウッドが、積水ハウスシャーウッドの戸建て住宅建材としてどうして使われるのか。
しかも重要な構造材として使用される理由って何だと思いますか?
そしてなぜ住宅の構造材として使われるのか?
どうして国産材を使用しないのか?

一戸建てを考えるなら、この理由を少し理解しておいた方がいいのではと思い、少しその疑問に対する考えをまとめてみました。


>木の強さを引き出したシャーウッドの構造材

工期を急ぎたい…そんな2世帯住宅なら

2世帯住宅ならやっぱり安心のハウスメーカーで建てることが最善の選択だと思います。

とにかく早く家を完成させたい…この理由としては、実家を取り壊しそこに家を建てるので、その間の仮住まいで生活するのが不便だからとか考えると、やはり工期ができるだけ短くてすむ大手ハウスメーカーで2世帯住宅を建てることが断然いいからです。

なぜなら、二世帯住宅になると一般的な建売住宅を探すのは難しく、1階に親世帯や子世帯の両方のリビングが欲しいとか、介護をする時に2階から1階に降りたりするのが面倒だとか…
そんな施主の希望を親身になってよく聞いてくれます。

ハウスメーカーの中でも、特に積水ハウスは、高額ですが施工の品質や実績が豊富です。
将来的な住まいを考えるなら、安心して住める鉄骨造や木造シャーウッドで建てた方がいいと思います。

もちろんご両親が資金援助をしてくれることを見越してです。

さらに2世帯住宅は、実際にどんな感じの家になるのか物件を見てみたいものです。

そのためには住宅展示場へ出向き、積水ハウスや大和ハウス、へーベルハウスなど各モデルハウスを見ることも参考になります。
あくまで参考ですが…。

最近の住宅展示場モデルハウスは、2世帯住宅もたくさん建てられていますから、とても参考になりますよ。