積水ハウスシャーウッド平屋建ての建築コストを抑える方法とは…

積水ハウスシャーウッド平屋の「里楽」や「縁の家」のシリーズでは、平屋という構造のため、どうしても2階建てと比較すると建築コストが高くなってしまいます。

でも、実はその建築コストを抑える方法がいくつかあります。

まず、壁を少なくすることです。

壁面積を少なくすると、平屋建てのコストを抑えることができます。

たとえば、6帖の部屋を2つ造り、間仕切り壁を設けるよりも、12帖1間の方がグっと安くなりますし、単純に壁がなくなることで、木材構造材や石膏ボード、クロスなどの数量が減ります。

また、子供部屋などを将来間仕切れるようにすることも一つの方法です。

その際には、出入口を必ず2ヶ所を設けて、さらに照明やエアコンなどの設備も2箇所取り付けられるような工夫も必要だと思います。

天井裏に補強材を入れておいてもらうこともおすすめです。

間仕切りが少ないことは、耐力壁などのバランスや配置にも影響することがありますので、積水ハウスシャーウッドの設計担当者と相談しながら検討してください。

間取りのほかに、屋根の形状によっても平屋建ての価格は大きく変わります。

瓦屋根の寄せ棟だと、隅棟や谷樋などで役物のコストがかなり上がりますし、切り妻屋根では外壁面積も増えてくるので、陶板ベルバーンやサイディング材などの外壁材のコストは、寄せ棟屋根より上がってしまいます。

寄せ棟屋根と切り妻屋根の単純比較は難しので一概には判断できませんが、比較検討は必ずする必要があると思います。

このように同じ平屋建ての間取りでも、建物の形、屋根の形などによってコストが大きく違いますから、しっかりと検討することが重要です。

>抜群に相性のいい平屋建てと庭の関係とは…

積水ハウスシャーウッドの平屋建て価格はなぜ高いの?


積水ハウスシャーウッドの平屋建ての住宅で、最もコストのかかる部分って何処だかご存知でしょうか?

どのハウスメーカーにしても、平屋建てを建てる費用は2階建てに比べて多く掛かってしまいますが、特に積水ハウスシャーウッドの場合は基礎工事や屋根工事にかかる費用の割合が大きくなります。

例えば、40坪の平屋建てと、1階部分が20坪の総2階建て住宅を想像してみてください。

同じ床面積でも、平屋建ての方が総2階建ての家よりも単純に屋根面積が2倍になりますし、基礎面積も2倍になってしまいますよね。

外壁は若干少なくなりますが、外壁材を陶板外壁ベルバーンにするとさらにコスト費用が嵩むケースがあります。

また、平屋建てのように床面積が増えると、積水ハウスシャーウッドの梁構造材がどうしても増えますし、さらに、工期や手間も増えてしまうのも原因です。

さらに、平屋建てはどの部屋も地面と接するので、掃出し窓などの大きな窓がどうしても多くなる傾向があります。

このように平屋建て独自の特徴からコストが割高となってしまう…
というわけです。

でも、積水ハウスシャーウッドの商品ラインナップの中には「縁の家」や「里楽」といった、平屋建ての魅力やメリットを上手に引き出している家があります。

外観にこだわりがあったり、家の個性を引き出したいなら、積水ハウスシャーウッドの平屋建ては一考だと思います。

>積水ハウスシャーウッド平屋建ての建築コストを抑える方法とは…