積水ハウスの注文住宅は間取りづくりの自由度が高い!


建売住宅は注文住宅に比べて、家づくりの間取りの自由度が低くなります。

そして実物を見ることはできますが、建築途中は見られません。

だから、もし瑕疵があってもなかなか指摘しづらいところがある…

これがデメリットです。

自分好みを徹底するなら、やはり注文住宅だと思います。

積水ハウスのような大手のハウスメーカーはもちろんですが、間取りづくり、住宅設備、建材ひとつひとつを選べるのは注文住宅です。

間取りから壁紙まで、家族や自分好みのテイストを徹底できるのが最大の魅力だと思います。

注文住宅は、自分の思い通りに理想の住まいをつくりあげていくことができます。

そしてその喜びや楽しさもあります。

特に間取りづくりでは、特徴のある二世帯住宅や、デザイナー住宅などの間取りを極めたい…

そう考えている方に、注文住宅はぴったりだと思います。

ただ、建売住宅のような実物はありません。

ですから、土地や設計図だけではなかなかイメージしにくいのが現実です。

このような解決方法としては、積水ハウスに限らずハウスメーカーのモデルハウスを見学するなど、イメージをふくらませることもいい方法だと思います。

また、このような問題を解決するために積水ハウスが取り扱う土地もあります。

>>積水ハウスシャーウッドの一戸建てが欲しいなら注文住宅、建売住宅、そして…