家づくりの費用を予算内の抑えるために工夫したこと…

積水ハウスシャーウッドの家を建てましたが、予算内に収めるために、いろんな工夫をした部分もあります。
そんな工夫について少し紹介します。

ハッキリ言って、予算内に収めるための工夫といっても、そんなに立派なことをしたわけじゃありませんが、基本的には出来る事はなるべく自分たちでやる…ということです。

例えば、積水ハウスシャーウッドの標準の照明器具についてはあまりステキではなかったので、見積もりの中から全照明の予算を聞いて、その分を引いてもらい、自分たちで照明器具をネットなどで探しながら、材料を手配することぐらいです。

例えば、リビングの照明やダイニングテーブルを照らすペンダントライトなどはネットの方がたくさんいいものを売っていますから、そこで選ぶことをお勧めします。

夫婦共働きで、子供も2人いるので、とても忙しかいなかで、照明プラン考えていたことを覚えています。

そのほか、庭の外構工事は地元の業者を選んでお願いしました。

積水ハウスの外構工事は、何も言わずにいると積和建設がすべてを請負します。
そうすると工事費が非常に高くなってしまいます。

地元ににも優良な外構業者やエクステリア業者がたくさんありましたから、数社から見積もりを聴取して納得いくプランを提案してくれた業者と契約したのです。

このように、自分でできることは自分で選んだり、外構工事を地元の優良業者にお願いすることで、家づくりにかかる費用を安く抑えることができます。

確かに少し大変ですが、やりとげた後の達成感は大きいものですし、きっと満足のいくものだと思います。

自分たちで手をかけ、時間をかけて造り上げた家ですから、愛着もわきますよね。


>老後を迎える世代や夫婦2人住まいに人気の高いシャーウッドの里楽(りらく)