積水ハウスシャーウッドと納得のいく値引き交渉するために抑えておきたい便利な方法


本来、自由設計というのは家づくりの構造から材料、そして性能から設備までを全て施主が選んでいくことです。

積水ハウスシャーウッドのようなハウスメーカーで家づくりをする場合、自由設計として建てることはできません。

施主が自由に決めたり選んだりできるのは、間取りやキッチン、そして浴室、洗面台、照明、カーテン玄関タイルなどの「住宅設備の仕様」くらいです。

これは積水ハウスの軽量鉄骨や木造シャーウッドに限ったことではなく、大手ハウスメーカーや工務店で建てられる新築一戸建てはほとんどだそうだと思います。

全く一から自由設計で建てられるハウスメーカーなんてほとんどありません。

そして多くの場合、一戸建ての価格はその間取りづくりや住宅設備の仕様で大きく変わってきます。

だから、間取りを広くしたり住宅設備のグレードを上げていくと、どんどん価格がアップしていくのです。

でも、施主としてはやっぱり新築一戸建ての住宅価格は抑えたいものですよね。

そこから、掲示された見積もりをもとに、積水ハウスとの値引き交渉が始まるわけですが、納得のいく値引き交渉するために抑えておきたい便利な方法があります。

それは現状のハウスメーカーの積算手法を利用して値引き交渉するということです。

まずは間取りの打ち合わせして、その後、標準仕様の住宅設備内容やサイズ、内装や外装の説明を受けましょう。

この説明の際に、どこまで標準で妥協できるかできないかを決めます。

これがとても大事です。

キッチンや浴室や洗面台などの住宅設備を選択する際に、その時点で標準仕様ではなく、グレードアップしたい住宅設備の希望を営業マンに伝えるのです。

そこで標準仕様との差額を提示してもらい、どれくらいお金をかけられるのか…
それともかけられないのかを判断していきます。

施主が納得して契約するためには、値引き交渉をして少しでも建築価格を安くして契約することが必要です。

ただし、標準仕様のままで値引き交渉するよりも、施主が満足する仕様スペックが決まった後に初めて値引き交渉をした方が、施主も納得しやすいと思います。

ハウスメーカーで最低スペックというのは、イコール標準のスペックのことを指します。

すべての仕様に納得して、さらに価格も納得して初めて契約する…
これが両方ともに納得できる交渉条件なのだと思います。

契約時に悩んだり失敗しないための条件でもあると思います。

金額だけ先行してしまい納得できない部分があると、後で必ず後悔してしまいますから…。

電気を永続的に使うことのできる積水ハウスの蓄電池システム


蓄電池システムを搭載した住宅は、災害時や停電時にも、テレビ、エアコン、冷蔵庫といった電化製品を使うことができます。

そんな蓄電池システムの大きな特徴は、節電要請や電力不足が深刻になったとき、蓄電池は太陽光発電で充電ができるので、仮にそのような事態が起こったとしても太陽光発電が稼働し続ければ、電気を永続的に使うことができることです。

蓄電池システムで蓄えた電気は、タイマー設定で簡単にいつでも使うことができます。

朝夕のピーク時間帯に使う電気を蓄電システムで補えば…
電力の節電にもなります。

しかも電力会社の負担を減らせるという効果もあるんです。

最近は、これが電力不足への節電対策の一つとして注目されつつあります。

でも、この蓄電池システムの価格はまだまだ高いのが現状。

太陽光発電と蓄電池がセットの住宅は、とても高価です。

ただし、東日本大震災の影響で緊急時の電源確保を意識する人が増えているようで、安全に対して意識が変わってきていることも事実としてあります。

蓄電池には2種類あります。
リチウムイオン電池を搭載したものと、鉛蓄電池を搭載したものです。

積水ハウスの販売しているリチウムイオン電池は、鉛蓄電池に比べて容量が少なくなります。

リチウムイオン電池の容量が4.65kWhなのに対し、鉛蓄電池は8.96kWh程度です。

でも、リチウムイオン電池には補助金が支給されることをご存知でしょうか?

ですから、鉛蓄電池よりも4割近く安い価格でリチウム電池を購入することができるんです。

性能よりも、手に入りやすい価格まで引き下げる…
そんな積水ハウスの販売目的があるからなのでしょう。