住宅ローンを選ぶときにオススメしたいちょっと気になる情報

住宅を購入したりマンションを購入したいる際に、ほとんどの人が間違いなく検討しなくちゃいけない住宅ローン。

そこで気になるのが、やっぱり金利なんですよね。

実はその住宅ローン金利って、昨年と比較すると下げ止まり感があるんですよ。

依然として金融機関同士の利下げ競争は続行中なんですが、住宅ローンに関してはオススメしたいちょっときになる情報があります。

例えば、昔に比べると少しメリット・価値が付加されたお得な住宅ローンです。

いろんな付加価値を住宅ローンに加えたり、金融機関が独自のメリットを住宅ローンにつけたりしているプランが出てきています。

その一つが、最近流行りの銀行で取り入れているのが疾病保障付き住宅ローン。



住宅ローンを借り入れるとき、普通だったら「団体信用生命保険」(団信というもの)に入りますよね。

これは、借り手が死亡したり、高度障害に陥ったりした場合に、団信に加入していれば住宅ローン残高をゼロにしてもらえる仕組み。

でも、これには欠点もあるんです。

ガンなどの重病で働けなくなったときに、団信が適用されない、ということ。

これって非常にまずいことですよね。

死亡したりする前に、ガンとかの疾病になる可能性の方が高いと思いませんか?

そこを補うように出来たのが、疾病保障付きの住宅ローン。

病気で働けなくなったときなど、住宅ローンが払えなくなったりすると、団信のように住宅ローン残高をゼロにしてもらえるんです。

このように重大な病気や死亡以外でも、ちゃんと住宅ローンの保障をしてくれるプランが、最近多くなってきてるんですよ。

これからマイホームの購入を考えたり、これから家を建てよう、なんて考えている方々にとって、ちょっとテェックしたいポイントですよね。