積水ハウスのアレルギー対策…室内空気を浄化しよう!

積水ハウスのように気密性の高い現代住宅は、空気が大変こもりがち。
そんな現象は、積水ハウスのような大手ハウスメーカーだけじゃなく、地元工務店が建てる家でも起きています。
なぜかというと、今の建築基準法の中では24時間換気が義務づけられているからなのです。
でも、いくら24時間換気システムが導入されていても、室内空気は思っている以上に汚れていることをご存じですか。

その空気の汚染原因の主なものとして、実は住宅建材自体から発生するものやダニ・カビがほとんど。
このような空気の汚染原因で、アレルギー症状シックハウス症候群という病気を引き起こしているのです。

クロス壁や床、家具などから揮発しているホルムアルデヒド等の化学物質に、暖房器具などから排出される窒素酸化物、そしてアトピーアレルギー症状の原因でもあるカビの胞子やダニの死骸などが原因です。

最近では積水ハウスのような住宅メーカーでも、アレルギー対策を熱心に取り入れています。
花粉粒子を室内に入れないための窓対策などがそうです。

でも、根本的には解決できません。
何故かというと、このようなアレルギー物質が目には見えないからなのです。
目に見えないほどの粒子が、空気中を漂っているからです。
だから、このようなアレルギー物質がアレルギー症状やシックハウス症候群を引き起こすのです。

アレルギー対策として一番心がけなきゃいけないこと…
それはまず窓を開け、換気をよくすることです。
きれいな空気を室内に取り入れることが一番重要なのです。

我が家は花粉症持ちの家族ではありません。
だから、積水ハウスシャーウッドで建てた我が家も、なるべく窓を開けて新鮮な空気を取り入れるよう心がけています。