玄関ドアは外観イメージを左右する重要なアイテムです

玄関は住まいの外観イメージを左右する重要なアイテムのひとつです。
その中でも玄関ドア、扉は、どのような素材やデザイン性のある玄関ドアを選ぶかで、住まいの印象は大きく変わってきます。

我が家の積水ハウスシャーウッドで建てた玄関ドアについても、その選び方にはいろいろ悩みました。

玄関ドアについては、もちろん性能や機能も重要です。
でも、それ以外にも重要な要素があります。
ここで、玄関ドアを選ぶ際に知っておきたい基礎知識について、少し紹介します。

まず玄関ドアの素材と構成です。
最近の玄関ドアで重要な要素は、ズバリ断熱性能です。
断熱性能が高い玄関ドアとして、「アヴァントスIS」という玄関ドアがあります。
このシリーズの断熱ドアは非常に断熱性が高く、今の高気密・高断熱の住宅性能にマッチしていて、しかも断熱性を格段に向上させることができます。

また、細かいすり傷を自然に修復する「キエテクノコート」をドアハンドルに採用した断熱玄関ドア、[アヴァントスIS]というシリーズもありますので要チェックです。

ドアの主な素材には、金属製(鋼板、アルミ形材、ステンレスなど)や木製(米松、ナラ、チークなど)があり、ほとんどが多層構造になっていて、断熱性能は比較的高いものが多いです。

金属製と木製の大きな違いは、耐久性・耐候性に優れ、デザインも豊富な金属製か、それとも風合いを持つ良さを印象付ける木製にするか…
その違いです。
また、木製玄関ドアはメンテナンスが楽なことも一つの特徴です。
木製は何と言ってもその素材感です。
インテリアとの調和のしやすさなども木製の魅力なのです。

玄関ドアの構成は、ドア本体とドア枠(外枠)、取っ手(把手)やクローザー、蝶番(ちょうつがい)、鍵などで構成されています。
オリジナルで製作する場合はそれぞれ部材等を選ぶ必要がありますが、ほとんどがトステムなどのメーカー商品で、
好みや予算に合わせて玄関ドアを選んでいくことになります。