家づくりをするなら住宅展示場の中で一番いい営業マンを付けてもらおう!

積水ハウスシャーウッドで家づくりをするなら、いい営業担当者と巡り合いたいもの…

もし、あなたの担当に付いた営業マンがあなた自身と相性が悪ければ、家への想い入れ、こだわり、夢、特に提案してもらいたい分野、担当者に求める経験・知識など…

そういう細かな希望についてを積水ハウスシャーウッドの営業担当者の上司や責任者に直接伝えてみることをお勧めします。

そうすれば、ハウスメーカーはすべての条件を満たす「あなたにとってのトップ営業マン」を推薦してくるはず…。
ハウスメーカー支店長の力をもって、トップ営業マンを担当につけてもらうのが一番な方法なのです。

家づくりの営業担当者は、やっぱりトップ営業マンがいい…
このことは、積水ハウスシャーウッドで家づくりをした人も、違うハウスメーカーで家を建てた人も共感してもらえると思います。

大手ハウスメーカーの中で、支店長は本当に絶大な権力をもっているもの…。

我が家の経験からいえば、我が家は普通に積水ハウスシャーウッドの展示場で出会った営業マンと契約したわけですが、支店長に直接お願いして指定された、いい営業担当者なので、そのあとが楽でした。

提案力、値引き力、動きの速さ、どれをとっても目を見張るものだったのです。

やはり、どんな営業担当者を我が家に付けてくれるか…

これこそが、いい家づくりを進めるためには必須だと感じました。

正直、他のハウスメーカーの営業マンと比べるとまるで質が違います。

このように、ハウスメーカーで家を建てたいなら、住宅展示場の支店長から営業担当者を推薦してもらいましょう。

つまり、その展示場のトップ営業マンを選んでもらえばいいのです。

いい家作りは、いい人との出会いからです・・
一生一度の家づくりなのですから、そのパートナー選びにも時間と手間をかけることが大切でだと思います。
後悔しないために、いい住宅展示場のトップ営業担当者と家づくりをしたいものです。


>住宅購入価格をもっと安く、有利に値引き交渉できるテクニック(その1)

腕をいい大工や棟梁の人柄から選べないハウスメーカーの家づくり

積水ハウスシャーウッドで家づくりを進めている方々へ、「あなたは、担当営業マンに満足していますか?」

この質問にもし思い当たる点があったら、それはとても問題だと思います。

例えば、家づくりの質問をしても連絡が遅いとか、営業担当者が験不足とか、お客さんから希望を伝えても否定されるとかです。

我が家の積水ハウスシャーウッドの経験でも、見積もり額が後から少しずつ増えてきたり、家づくりの予算内に収めるためには少しあきらめることも必要…だとか、そういうことを少し感じる場面がありました。

今考えると、当時、我が家の営業担当者だった積水ハウスシャーウッドの営業マンと、家づくりのセンスがほんの少し違う…そんな感じだったのかもしれません。

しかし、あなたはこう考えていませんか?

「担当者はもう変えられない」
「これもご縁とあきらめる」…

積水ハウスシャーウッドでいい家づくりをしたいという気持ちを押し殺して、もしこんな感情があるとしたら、それはとても不幸なことです。

大手ハウスメーカーは、地元の工務店と違い、いい腕も持つ大工の棟梁や人柄といったものにほれ込み、家作りをお願いするようなことはできません。

積水ハウスシャーウッドに惚れ込んだだけで、住宅展示場でたまたま会った営業マンと成り行きで契約したにすぎないのです。

間違っても、大手ハウスメーカーが建てる住宅なので、展示場で魅せてくれたような家を建ててくれると思い込むと後で必ず後悔することになります。

いい家作りとは施主の想い入れを図面に反映させることです。
これを積水ハウスシャーウッドの営業担当者と地道に行っていきます。

何度も何度も打ち合わせたりする共同作業です。

だからこそ、家作りのパートナーとは深い信頼関係がなければならないと思うのです。


>家づくりをするなら住宅展示場の中で一番いい営業マンを付けてもらおう!