平屋建てに注目が集まっている…そんな住まいの傾向とは?

最近の住まいの傾向として、平屋建てに注目が集まっていることをご存知ですか?

平屋建ての内部空間は、LDK空間と寝室が隣り合っている…
いわばワンルームのような使い勝手の心地よさがありますよね。
一戸建ての建物規模が小さいので、施工費用が比較的安くてすむ…
これが平屋建ての大きな特徴です。

また、ニュージーランドで起きた大地震でもわかるように、2階建のような重い建物がかなり被害にあってます。
平屋建ては建物の重量が軽いので、被害を被る確率が小さい…
このように地震に対して安全性が高いことも特徴の一つです。

でも、平屋建ての良さって実はそれだけじゃありません。

最近のシニア層が住み慣れた一戸建てからマンションに住み替えている…
そんな傾向から、平屋建ての良さをかいま見ることができるからです。

マンションは生活の利便性がいいですよね。
マンションの良さは、多くの場合、エレベータがあるので簡単に上下階への移動ができます。
つまり、体の負担が少ないんです。
こうした点って、平屋建ての魅力と同じだと思いませんか?

つまり、使い勝手のいい間取りや、上がったり下がったりする階段移動がないこと…
間取りスペースがコンパクトであることなど…
こうした魅力って、平屋建ての住まい方そのものなんですよね。

家を建てるなら、平屋建てで十分という考え方…
実際、2階建に住んでみてそう感じるからこそ、シニアの皆さんはマンションライフを選択されているわけなんです。

大手のハウスメーカさんたちも、もちろん平屋建ての商品があります。
積水ハウスシャーウッドの平屋建てなら「縁」や「里楽」です。

最初は我が家も平屋建て派でした。
なぜなら、子供たちが巣立ってしまった時に、家の部屋が余ってしまい掃除するだけでも大変だと思ったからです。
それに階段の上り下りがおっくうだとも感じてました。

一戸建ても単に大きければいいという時代ではなくなったと思います。
夫婦に子供一人、もしくは夫婦だけで暮らすような世帯の方だったら、間取りスペースがコンパクトな平屋建てで十分です。

施工費用についても、2階建てや3階建てと比較して安くすみますしね…
余ったお金で趣味や子どもへの教育費といったことも考えられます。

でも…

でも、我が家の小さな子供たちは2階建の家に憧れを持ってました。
夫婦と違い、子供たちは階段の上り下りが大好き!
いつの間にか階段スペースが遊び場になっていることだってあります。
そして2階に自分たちだけの部屋や住みかを欲しがります。

そんな幼い子供たちの希望に、私たち夫婦は負けました…
どうしても2階建を建ててしまうんですよね…

我が家の積水ハウスシャーウッドの間取りづくりは、そんなジレンマの連続でした。

でも、私たちと違ってある程度割り切ったモノの見方をされる方にとっては、平屋建ても選択肢の一つになるかもしれませんよ。