平屋建ての家づくりで注意したい屋根のこと

間取りを考えている時は、平屋が可能ならどう考えても平屋にすべき…
そう思ったことが何度もあります。

なぜ新築一戸建てを2階建てにするのか…

結論はこうです。
積水ハウスで2階建てを建てる人は、みんな仕方なく2階建てにしているのではないか…
そう思います。

どう考えても平屋建ての間取りの方が優れているからです。
階段もないので日々の上り下りもない。
広い空間ができるのでコミュニケーションが図れるなど、メリットの方が多い。
平屋建てを建てられる土地さえあれば、実用上、平屋の間取りに後悔することなんてないような気がします。

ただ注意しておくべきことがあります。
それは周囲が2階建ての街並みの時です。
つまり一軒だけ平屋建てがあると、日当たりも心配だし、平屋だけ家が浮いてしまう…

外から見ると、平屋建てに対してこのようなイメージを持たれる可能性があります。
実際はそんなことは無いのですが…

もう一つ注意すべきこと…。
それは屋根です。

平屋建ての場合、屋根はできるだけ大屋根にした方がいい。
そうすることで平屋建ての印象がガラッと変わりますから。

同じ50坪の家で考えると、長方形よりも正方形に近い方が、屋根の頂点が高くなります。
古典的な日本の瓦屋根はほとんどが四寸勾配です。
二寸勾配とかだと屋根がほとんど平坦になってしまい、見た目もやはりみすぼらしくなってしまいます。

ですから平屋建ての屋根は四寸勾配の大屋根にすることがいい…
平屋建てが一番美しく、そして高級感がでます。
外観の見た目、周囲の二階建てに見劣りしない立派な構えができるのです。