アレルギー対策としての積水ハウスシャーウッドの性能を考えると…

一般的に「高断熱」「高気密」な家ほど、アレルギー対策としては良いだと言われてます。

では、「高断熱」「高気密」な家がどういう造りなかというと、最も注目すべきは「壁」と「窓」の構造に注目してください。

壁には外気温を遮断する高性能な断熱材を充填し、窓には二重構造など通常の窓ガラスよりも厚い複層ガラスを使用して、窓のサッシ部には外気温を通しづらい樹脂性のものを使用すれば、気密性と断熱性のレベルがグンと高くなります。

積水ハウスシャーウッドの壁と窓の構造は、冬に結露を抑えるサッシと夏の遮熱に威力を発揮する複層ガラスの相乗効果で、どちらかというと窓の断熱性能を大幅に強化しているのが大きな特徴です。

壁はというと断熱性を高めるためにロックウールが断熱材として外壁や床、天井などに充てんされていますから、ある程度は断熱性能は高いと思います。

窓などの開口部は熱を伝えやすい弱点です。

でも、窓はあまりにも大きくすると断熱効果が下がってしまいますし、かといって小さくしてしまうと十分な採光が得られません。

開口部の大きさは断熱と採光のバランス二配慮してください。
複層ガラスなど断熱性に優れたサッシやドアを用いるといいかもしれません…。


>室内の温度を一定に保つ積水ハウスシャーウッドの気密性…