シャーウッドの住宅を購入する時の大幅な値引き交渉術

積水ハウスシャーウッドの注文住宅をいざ契約するというときに大幅な値引きを狙う…
そんな値引き交渉の仕方を紹介します。

家を建てるなら価格交渉をとことんやって、そして一番安く価格で契約して建てたい…

誰もがそう思っています。
そんな交渉をするための必勝テクニックです。

まず、積水ハウスシャーウッドの注文住宅で値引き交渉をするにあたって注意したいポイントをです。
それはるべく時間や期間に余裕を持って粘り強く交渉するということです。

すぐに家を建てなきゃいけないとか、すぐに引っ越さなきゃいけないとか、そんな事情がある場合は短期決戦も仕方ありませんが、あまり大きな値引きは期待できません。
大幅値引きを狙うなら焦らずにお客である施主のペースで交渉することをおすすめします。

値引き交渉は楽しくやる事が一番です。
何度も何度も積水ハウスシャーウッドの営業担当者に足を運んでるもらっているのになかなか思うように値引き交渉が進まない…
実際はそんな事も起きるかもしれませんが、そういうことが続いてしまうとハッキリ言って疲れるものです。

でもあきらめずに交渉をしていかなくちゃいけません。

そんな時は、大幅に値引きが出やすい時期まで待つ…
これも一つの方法です。

1年を通して値引きが出やすい時期でもる、積水ハウスの住まいン参観日や決算期などが狙い目だと思います。

そういう月はある程度の契約件数がとれると、営業担当者に報奨金がでる場合もあるのだとか。
もちろんどのハウスメーカーにもあるとは限りませんが、一戸建て住宅の値引き交渉時期として最適ないい時期だということは間違いないことです。


>本命の積水ハウスシャーウッド…そして競合のハウスメーカーを決める

住宅購入する際の具体的な値引き交渉術

積水ハウスの営業担当者といっても、つまり売主は人間です。

家づくり、あるいは家を買うということは、多くの人間がかかわってくる一大事です。
その家でずっと生活するわけですから、家の建築中もさることながら、契約、引渡し後もいろいろな場面で積水ハウスの関係者たちと付き合いが続くことになります。

例えば新しくお客さまを紹介してもらったり、追加で工事(バリアフリー工事等)やリフォーム工事、さらにクレーム対応などいろいろな付き合いが積水ハウスと施主の間にはずっと続きます。

はやり積水ハウスの営業担当者としては、それだけ長い付き合いが続くわけですから、やはり「いい人に売りたい」というのが本音だと思います。

そう考えると、積水ハウスシャーウッドに限らずいろんなハウスメーカーは、結局、いい人に売りたいと考えているはずです。

しかし、お客さんにとってはいい人を演じながら、一戸建ての値引きの交渉の話を突然持ち出すのはなかなか難しいものです。

そこで実際に購入する際のポイントを紹介します。
それは営業担当者に値引いて欲しい事情をきちんと説明する方法です。

例えば、親に仕送りをしるとして、どうしても月々のローンを〇万円以下に抑えたいとか、これから子供が大きくなっても、今頑張っている習い事が盛んな私立高校に行かせたい…など。

このようなことを直接営業マンに訴えかけることは、非常にわかりやすくて効果的です。
営業マンとしては素直に値引いてあげたい…
そういう気持ちになるそうです。

この話は実際に私の積水ハウスシャーウッド営業担当者から聞いたお客さんの話ですが、何かちょっと事情がある方にはおすすめだと思います。

また、直接的な理由でも構いません。

私が見積もり価格を安くするために実際使用した理由ですが、現在の家賃が9万円で一戸建てシャーウッドの月々ローンが9万円だと、固定資産税やマイホームの修繕積み立てができません。
固定資産税と修繕積立で月3万円ずつ積み立てたいので月6万円に抑えたい…。
予算は3000万円しかないので、そこまで何とか値引きしてもらえないだろうか。

こんな今後の資金計画をきっちり見据えた上での値引き交渉も、相手が安心してくれるものなので効果的だと思います。

逆に一番嫌われるのは、積水ハウスシャーウッドで家を建てるかどうかも決めていないのに、どれくらいまで安くなるのか、値引いてくれるのかをしつこく聞くようなお客さんなのです。


>シャーウッドの住宅を購入する時の大幅な値引き交渉術

寒い冬の拭く抜け対策を積水ハウスシャーウッドで試してみる

寒い冬の吹き抜け対策はどうしていますか?
我が家は積水ハウスシャーウッドの2階建てですが、リビングの間取りに大きな吹き抜けが入っています。

夏場は気持ちがいいのですが、さすがに冬場は暖かい空気がそのまま2階に上がってしまうので、いくら暖房してもなかなか暖まりません。

そこで積水ハウスのメンテナンスの方に、冬の吹き抜け寒さ対策としてどのような方法があるのかちょっと聞いてみました。
すると、天窓用のローススクリーンを勧められたんです。

吹き抜けの開口部に天窓用ロールスクリーンを横方向につければ、開閉させることも楽で、しかもサイズ的にもギリギリに製作可能なサイズに納まるとのこと。

唯一の問題は、我が家の積水ハウスシャーウッドの吹き抜けは、天窓用のロールスクリーンを取り付ける際の位置に下地補強されていないことです。
あとで取り付けるための取り付け位置の下地補強が入っていないことです。

ロールスクリーンが長尺となるので、横向きにつけると重さでたわんでしまい、うまくスクリーンが開閉できなくなります。

そこで工夫したのが、下地のあるところに厚さ9㎜のアルミレールを取り付けるという方法。
下地のあるところにクリップでアルミのレールを取り付ければ、長尺の長いロールスクリーンがたわまずに張れことがわかります。

このように冬場にロールカーテンで吹き抜けの開口部を塞ぐと、暖房効果がすごくアップします。
悩んでいる人はちょっと検討してみてください。


>住宅購入する際の具体的な値引き交渉術