積水ハウスシャーウッドと大和ハウスの提案力の違い

積水ハウスシャーウッドと大和ハウスの提案力について、私個人の意見ですが今から家を建てようとする人や建てたいと考えている方に参考として紹介したいと思います。

基本的なことを言えば、まず積水ハウスシャーウッドと大和ハウスは家のつくりが違います。
シャーウッド構造という頑丈なラーメン構造である積水ハウスシャーウッドに対して、一方、大和ハウスはプレハブ住宅の軽量鉄骨造です。

大和ハウスの家は標準プランでも造りは十分しっかりしていますが、正直なところ、提案力はイマイチなところがあります。

我が家はたくさんのハウスメーカー業者を見て回りましたが、大和ハウスは実際に家が建てられて造りが意外としっかりしている部分が本当多く感じられました。

それを裏付けるかのように、家そのものに対する満足的なスレッドはよく見ることができます。

大和ハウスは「賃貸マンション」や「店舗併用型住宅」といったイメージがありますが、一戸建てについてもわりとしっかりとした造りなのです。

だから、家に対する不満はほとんど持っていない人が多いようです。

しかし私の経験上、間取り設計の打ち合わせで分からないことを聞き流してしまうと、こんなはずでは…といった失敗もあると聞きます。

しかも、大和ハウスの家づくりでは、設計の時点で具体的なアドバイスはほとんどないのが実情のようです。

もちろん設計上、無理なことや「家事をするときに動線がおかしい…」といった基本的なアドバイスがありますが、「ここをこうしたらもっと良いですよ…!」といったプラスαの話は一切ありません。

打ち合わせには営業マンと設計士が一緒に同席します。
これは積水ハウスシャーウッドと同じですが、大和ハウスの唯一違うことはあまり設計士が一緒に来ている意味が感じられない場面も多いのです。

営業マンの立場からすれば、打ち合わせで揉めたり、不愉快な思いをさせることがないように十分に配慮しているのかもしれません。

その点、積水ハウスシャーウッドの設計士は違います。
打ち合わせの中でいろいろな提案をしてくれるし、しかも何度も何度も図面を引いてくれます。

積水ハウスシャーウッドと大和ハウスの大きな違いは、こういう細かな対応やフォローにあるんだと思います。

家づくりをする人はほとんどの人が素人です。
でも素人だからこそ「教えて下さい。!」とはっきり営業マンや設計士にはっきりと伝え、少しでも気になった事はすぐに聞くといったことが重要です。

一番してはいけないのが、なぁなぁに打ち合わせを進めてしまうことだと私は思います。

大和ハウスはお客さんを機嫌を伺いながら話を進めていく場面が多々あるので、思っていた程のアドバイスが無かったり、どんどん話を進めて行く事が多いようです。

その点は十分に気をつける必要があると思います。

大手ハウスメーカーだからと安心せず、任せっきりにしないことが何よりも大切なのです。


>ハウスメーカーの営業マンとどこまで腹を割って話せるかが家づくりには必要!