階段の間取りを家のどの場所にどう配置するかで住みやすさが変わる

積水ハウスシャーウッドの間取りづくりに限らず、どんな家づくりでも、階段の場所な重要です。
なぜなら階段の場所によっては動線が使いづらくも使いやすくもなってしまうからです。

例えば、一番いい階段の位置は家の間取り中心部に設けることです。
そうることで、階段から各部屋への動線が短くなります。

廊下を短くすることもできるし、逆に階段が家の中心にあることで、どの部屋からも階段へ行きやすくなります。
とても使い勝手のいい家になると思います。

もし階段を家の角に作ってしまうどうなるでしょう…。

わざわざ反対側にある部屋まで廊下を歩く必要があり、廊下を作った分だけ各部屋の広さが狭くなってしまいます。
それと同時に部屋が階段のある位置を反対側にある場合は、歩く距離が長くなってしまうのです。

そうすると使い勝手もよくありませんよね。

このように、階段の位置を家の真ん中にするのか、それとも家の角にするのかという違いだけで、住みやすさは大きく違ってくることになるわけです。

通常、間取り作りの時に子供部屋を広くしたいとか、リビングをもっと広くしたいとか、そう考えてしまうと、どうしても間取り作りにおいて、階段を家の隅に追いやってしまいがちになります。

でも、本当に階段を角に作っても問題ないのかと考えると、本当はそうじゃないことに気づきましょう。

階段はできるだけ家の中心に設ける…、実はそんな間取りづくりがポイントになってくるのです。


>積水ハウスシャーウッドの家づくりをどのハウスメーカーと比較すればいいの?

とても重要な間取り設計時の階段づくり

間取り設計で階段のポイントは…と聞かれると、どうしても心情的にはあまりスペースを取りたくないもの…。
できれば家の角に作りたくなってしまうのが階段ですよね。

でも、階段の設計や、そして階段を家のどの部分に設けるかはとても重要なことなのです。
今後の間取りづくりのテクニックや実際の勝手も大きく変わってくるからです。

そこで、まず知っておきたい間取り設計における階段づくりのポイント、これを紹介しますね。

まず、問題は階段を家のどこに作るかです。

私の経験上、これが階段づくりで最も重要なポイントでした。

家づくりの中で階段といえば、あまりスポットが当たりにくく、どちらかと言えば部屋を狭くするものとして邪魔扱いされやすい…それが階段なのですが、2階以上の家を建てる場合には必ず階段は必要になります。

積水ハウスシャーウッドの間取り打ち合わせの際も、まず一番最初に決めるのは階段の位置関係でした。

階段の場所によって、使い勝手のいい家にもなれば、その逆もあります。
そして何よりも家が狭くも広くもなってしまいますから…。