坪単価は延べ床面積と建築面積を間違えないようにチェックしよう!

ハウスメーカーの広告やチラシでよく目にする「坪単価」…
週末の新聞折り込みチラシに中には、必ずと言っていいほど、各ハウスメーカーの坪単価が書かれていますよね。
それほど、お客さんにとって坪単価というのは一戸建ての価格の目安がつきやすく、そしてインパクトのある表現方法の手段なのです。

坪単価というという言葉。
これは、1坪(約3.3m2)当たりの建築費がいくらかかっているのかを表すものです。

基本の計算式は「本体価格」を「延床面積」で割ること算出できます。
我が家が建てた積水ハウスシャーウッドで例えれば、本体価格3000万円、延床面積40坪の家は坪単価75万円ということになります。

ここで混同しがちなのが「延べ床面積」と「建築面積」。
延べ床面積とは、各階の床面積を合計したもので、建物を真上から見下ろして外壁の中心線で囲まれた部分、これが「建築面積」です。
延べ床面積と建築面積は違うということを、理解しておきましょう。
混同して間違えないように注意が必要です。

積水ハウスの軽量鉄骨だと、その坪単価はシャーウッドよりも若干安くなりますが、各ハウスメーカーと比べてみてもローコストにはなりません。

参考までに、各ハウスメーカーの坪単価の目安を紹介します。
この坪単価は最新の情報ですが、この価格範囲は、各シリーズの平均を算出したものであって、値引き率は考慮されていません。

三井ホーム    80~85万円
へーベルハウス  76~81万円
住友林業     72~76万円
セキスイハイム  71~75万円
積水ハウス    70~73万円
ダイワハウス   68~72万円
ミサワホーム   67~70万円
パナホーム    65~69万円
エス・バイ・エル 60~64万円