狭い土地に平屋建ての住み替えで、今よりもずっと快適な住まいを…

昔から日本の住まいって、平屋住宅が主流ですよね。
その背景には、平屋住宅の住まいの中に家と庭の関係がとても重要視されてきたところにあります。
だから敷地に余裕があれば、やはり平屋建てに住みたい…
それは日本人の理想なのかもしれません。

階段の上り下りもない…
ワンフロアで天井も高くとれる…
開放感のある空間に住める…
どれを取り上げてみても、平屋の間取りには住み心地の良さを感じます。

ここ最近、肩身の狭かった平屋でしたが、このような魅力もあり最近では平屋自体が見直されつつあります。

でも、どうしても狭い…とか、やっぱり二階建てがいい…
という世代がいることも事実。

特に子育て世代にとっては、平屋だとどうしても敷地が狭く感じてしまいます。
広い敷地に建てられた大きな平屋建てなら問題ありませんが…

でも大丈夫です。
心配しないで下さい。
子供1~2人程度なら、今の持家を平屋に建て替えることで少々狭い土地でも快適な平屋住まいづくりをすることもできます。

どうすればいいのかというと…

今の持家を売却するんです。
その売却資金で少し狭い土地を購入して、そこに平屋住宅を新築…
そういったプランです。

今更引っ越すなんて…
そう思うかもしれません。
でも、新築場所が今の住まいと同じ地区エリアだったらどうですか?
今の住まいと環境が変わることもなく、近所付き合いもそのままです。
安心ですよね。

平屋住宅は2階がないことで耐震性能がグンと向上します。
しかも安心ですし、メンテナンスも楽です。

積水ハウスの平屋プランでは、間仕切りを少なくしてワイドな開口を特徴とした「ビー・サイエ 平屋の季」というプランがあります。
このプランは軒下空間と庭が繋がっていて、かなり伸び伸びとした間取り空間を作り出せるもの。
さらに木造住宅の積水ハウスシャーウッドの平屋建てで有名な里楽。
木の素材感や温もりを感じることの出来る心地よさはもちろんですが、そこに気品と風格させ感じることができます…

我が家の積水ハウスシャーウッドも、いづれ平屋建てに…