住宅ローン控除にはいろんな条件があります


住宅ローン控除を受けるには、いくつかの条件があります。

その条件とは…

○その年の所得が3,000万円以下であること…
年収3,000万の人って、そうはいないはず?

○住宅ローンを10年以上にわたり組んでいること。
住宅ローンを組む際、返済期間を20年以上で組む人って多いはず!?

○床面積が50m2以上の住宅であること。
これは延べ床面積のことですが、超狭小住宅でないかぎり大丈夫では?

○住宅を新築や購入して、6か月以内に入居していること。

などです。

しかも、もう一つ大きなメリットがあり、
住宅がもし長期優良住宅であれば、
控除率1.0%にさらに0.2%が上積みされて1.2%になる…
ということです。

そうなると、3000万円×1.2%=36万円、10年間で360万円が減税される…
ということになります。

でも勘違いしないで下さい。

住宅ローン減税で住宅購入すると、360万円分を値引きされるわけでは
ありませんから。

控除額は、確定申告や年末調整によって、初めて還付されます。

つまり、買った時は値引きされず、後で申告するとお金が戻ってくる…
そういう制度なのです。

いづれにしても、毎年の住宅ローン残高が3000万円残っている人であれば、
年間30万円が10年間にわたって還付されるわけですから、
かなりお得な話だと思います。

しかも、総額で300万円のお得するということになるので、
この効果は絶大だと思いませんか。

家を買うなら今…
そんな言葉にもうなずけますよね。

知っているようで意外と知らないお得な住宅ローン控除の計算方法


知ってるようで意外と知らない、住宅ローン控除制度…
この制度は、住宅の新築・購入をした人や、増改築をした人で、
住宅ローンの返済が10年以上ある人に適用されるものです。

どういう制度なのかザックリ説明すると…

「住宅ローンを組んだら所得税と住民税をちょっと返しますよ~」
という制度です。

しかもその控除額は、今までになく過去最大規模ですから、
これから新築一戸建てや増改築する場合、家計にとても
やさしい制度だと思います。

具体的にどのような計算の算出方法なのかというと…

もし、今年中に新築や増改築した住宅に住み始める場合、
年末にまだ残っている住宅ローン残高(年末残高)が、
3,000万円だとすると、年末ローン残高×控除率(1%)の額が、
返ってきます。

つまり、最大控除額として、3,000万円×1.0%=30万円
ということになります。

もし住宅ローンが2,000万円残ってたら、その1.0%の20万が
返ってくるということです。

しかも、うれしいのはこの控除制度が10年間続くということです。

どうですか?

積水ハウスの価格は他のハウスメーカーよりも若干高めですが、
この住宅ローン控除で戻る金額を考えれば、チョッとは戻って
くるのではないでしょうか?

→住宅ローン控除にはいろんな条件があります