積水ハウスシャーウッドの大幅な値引きを実現させるために覚えておきたい決算時期

積水ハウスシャーウッドの価格を値引きする方法として、もう一つ有効な方法があります。
それは家の完成引渡しが、積水ハウスシャーウッドの決算時期(1月)になるように契約することです。

積水ハウスの決算時期は、毎年1月です。
その1月に家そのものが引き渡されるようにするには、契約を前の年の7、8月にすればいいわけです。

また、夏の決算(中間決済)も引き合いに出せます。
夏の決算前までに、家が引き渡し完了でいるように契約すれば、大幅な値引き交渉が期待できるからです。

その際に気をつけていただきたい、積水ハウスシャーウッドの営業担当者がよく使ってくる交渉テクニックがあります。
それは「決算時期なので、割引をしますよ!」という声のかけ方です。

これは営業マンがここぞと使う魔法の言葉なのですが、実は買主側からするとそうではありません。
決算期に売れても、その売り上げは次期の決算になります。

つまり、営業担当者がかけてくるその言葉には、何の意味もないのが分かりますよね。
決算時期と割引には直接関係がないということです。

この営業トークでつい契約の印鑑を押す人が多いようですが、そうならないように気をつけてください。

値引き交渉するねらい目は毎年の7、8月です。
このタイミングが重要でかなり値引率が高くなると思います。

また、決算期ではありませんが、大幅な値引き交渉が期待できる期間があります。
それは積水ハウスの建売分譲キャンペーン「まちなみ参観日」です。

このような時期に価格交渉を行うと、大幅な値引きが実現できますので参考としてください。


>積水ハウスシャーウッドの担当営業マンの人柄で大幅な値引きが実現できる