積水ハウスシャーウッドの構造材とはこんな木です

積水ハウス木造住宅シャーウッドで使われている構造材が、一体どんなものかご存知ですか?
シャーウッドで梁構造材として使われる木は、ラミナ○木といわれる表面加工をした集成材を使用していますが、これが「シャーウッドプレミアム構造材」のこと。
積水ハウス営業マンから「シャーウッドプレミアム構造材」の説明を聞くケースが多いと思います。

そもそも木造住宅を建てるうえで、何が弱点となるかご存知でしょうか?
実は木の中に含まれている水分です。
木は乾燥するればするほど強度が増す…
そんな性質があります。
住宅建材として使用するためには、気に含まれる水分、つまり含水率を15%以下までにすることが重要なのです。
一般的なハウスメーカ(住友林業など)工務店などは、住宅建材として一般的な製材を使用しています。
これはほとんど無垢の状態で、木材の内部に潜んでいる水分がいくら乾燥しても抜け切れません。
理由は製材自体が太いので乾燥が難しいい…そんな現実があるからです。

積水ハウスシャーウッドで使用される構造材は、薄いラミナを接着させた集成材。
薄いラミナの状態から乾燥させることができます。
含水という欠点を取り除いてから造り上げられた集成材なのです。
だから木の良いところだけを使って、強度と品質を維持することができるのです。

積水ハウスシャーウッドプレミアム構造材は、住宅自体の強度が確実に得られる…
そんな構造材なのです。