絶対おススメしたい結露防止対策

冬の寒い時の起こる結露、いやですよね。

ましてや新築一戸建てに窓ガラスに結露が発生したりするとかなりショックです。

積水ハウスの新築窓ガラスにも結露は発生します。


冬は、暖かい室内の空気に含まれる水蒸気が、外気の気温に近い窓辺や玄関などで急激に冷やされることにより水になり、それが結露となります。

室内の湿度が高ければ高いほど、結露しやすいといった特徴があるんですよ。

特に加湿器や石油ファンヒータなどの暖房器具を併用すると、窓ガラスに結露が発生しやすくなるんです。

そのまま放っておくと、結露した水が滴り、窓枠やサッシのカビの原因になりますし、ひどくなると積水ハウスの外壁材の中や床まで水が入み、断熱材や木材、床を腐らせる原因にもなります。

だからこそ、結露防止の対策をきちんと行う必要があるのです。

一番いい方法は、窓ガラスに結露防止シートを貼ることです。

結露防止シートは、薄いフィルム状になっていて、窓に貼付けることにより結露を起こしにくくさせる効果を持つ、優れた便利アイテムです。

その中でも特におススメなのが、断熱シートが何層にも重なっている伝熱遅延性シート。

このシートは熱が伝わりにくくなる効果を持っていて、窓に貼ることで結露させたくない部分を完全に結露から防ぐことができます。

窓の下部分とかに貼ると抜群の結露防止対策にもなり、規模によってはこれを貼るだけでも相当違ってくるでしょう

はじめて家を建てました!いちばん最初に読む家づくりの入門書

家づくりに関する本はいろいろあるけれど、どれが一番わかりやすいのかわからない…、そう思っている人はたくさんいます。

そんな人に最もおすすめしたい本があります。
その本は、家づくりで最も注意したい場所、玄関・リビング・キッチンなど、人が集まりやすいところに特化していろいろ解説してくれ、家づくりのポイントを教えてくれる本です。
どうすれば家づくりがベストになるのか、一発で回答を教えてくれるマンガ本でもあります。
はじめて家を建てました!いちばん最初に読む家づくりの入門書」あべ かよこ (著)¥ 1,543です。出版社: ダイヤモンド社
この1冊には家づくりの知恵や工夫が惜しみなく書かれていて、なぜこうなるのか、なぜこうしなきゃいけないのか、をわかりやすくマンガで説明してくれます。
家づくり本としては一番読みやコンテンツ本ではないでしょうか。
難しくなりがちな住宅設計のお話が550点を超えるイラストとともに語られていて、本の読みやすさと・内容の充実さ・面白さの両面が兼ね備えられていて、とても面白い本です。
この本の特徴は、建築家であり大学教授でもある著者が、大学で学ぶ学生向けに執筆した書籍だということ。
もし、今から注文住宅を建てようと考えているなら、この一冊を読めば家の間取り計画はスムーズにいくことになるでしょう。


家づくりについて全くの無知だった夫婦がハウスメーカーで二世帯住宅を建てるまでを描いた、リアルなマンガエッセイです。注文住宅を建てるまでの一連の流れがよくわかる内容になっています。
家づくりの主な工法7種類の長所短所から、業者探しのポイント、土地の法規制やローン返済のことまで、要点がマンガでわかりやすく説明されています。
とても参考になるのは、ハウスメーカー営業との実際のやりとりが詳しく描かれている点。
営業トークの裏に隠された事情や、おすすめの契約月の話など、実際に顧客として体験してみなければわからない情報ばかりで、住宅会社側の実態もよくわかります。
また、一度読んだだけではなかなか頭に入りにくい建築のルールやお金の話なども、ユーモラスなマンガ形式で読むことで頭にスルスルと入ってくるのも嬉しいポイント。
注文住宅について短時間で要点を押さえたい方にもぜひ一読をおすすめしたい、価値ある本です。