30年間で200万円以下!?積水ハウスシャーウッドのメンテナンス…

積水ハウスシャーウッドの外壁材ベルバーンは、本当にメンテナンス不要なのか…
そんな質問や相談をよく受けます。

家づくりにおいて、新築後にかかる将来のメンテナンス費用は特に気になるものですよね。
維持費用の安さを特に重視して新築を検討されている方々もいらっしゃると思います。

我が家の積水ハウスシャーウッドの外壁材は積水ハウス標準仕様の外壁材が、築後、すでに10年近くが経っています。

陶板外壁ベルバーンではありませんが、標準仕様の外壁材でさえも今までかかったコストは0です。

積水ハウスシャーウッドの営業マンからベルバーンにすれば「メンテナンス不要」とよく聞きますが、確かに築後30年間メンテナンス費用200万円は、屋根やシロアリなどどうしても必要なメンテナンス費用程度で収まれば、実現可能だと実感しています。

積水ハウスの家は、何がほかのハウスメーカーと違うのか…
そう思われる方もおられるかもしれません。

私が最も感じることは、他社と比較すると異常にメンテナンス費用が安いということです。

補足すると、これはアフターメンテナンスの充実差が格段に違うということに尽きると思います。

なぜなら、積水ハウスのメンテナンス費用は保証である程度補ってくれるからです。

積水ハウスは軽量鉄骨も木造シャーウッドも20年保証ですが、大きな問題がなければ、築後20年間はほとんどお金がかからない…

これが最大のメリットなのだと思います。


こんなにも違う!積水ハウスとほかのハウスメーカーのアフターメンテナンスの違い

子育て費用を含めた家づくりの資金計画の重要性

家づくりにかかる本当の値段には、住宅建築費用や数々の諸経費だけではなく、それだけで理想の家が建てられるわけではありません。

土地価格、諸経費のほかに、意外と忘れがちな光熱費や修繕費、住宅ローンの利息の費用も+αで加わってきます。

また、子育て世代が家づくりを始める年代は30代から40代半ばまでが一番多いとされていますが、それら世代がこれから一番かかる費用が子育てに関するものです。

今後、必ずかかる子育て費用のために、たとえば光熱費が節約できる断熱性の高い住宅を選ぶとか、修繕費が少ないようにするか、どのように住宅ローンを組むか…とか、

これらの選択はとても重要であり、家づくりにおいて一番最初の決め事です。
もしろ、実はこれですべてが決まってしうくらいの内容です。

子育て世代には、特に子育て費用を含めた将来計画が必要です。

子供は公立私立のどちらに通うのか、住居費や維持費を捻出しつづけながら、住宅ローンを払い続けられるのか、これらの費用を計算に入れて計画することがとても大切なのです。

一番重要なことは、子育てにかかる費用を見積もりながら、どれだけ住宅に性能を求めるのかを見極めることです。

そして同時にコストも下げる方法について学ぶことも重要です。

例えば、家づくりにある程度の学びを深めてから家を建てることもいい方法だと思います。

専門家による講義を受けながら、「後悔しないための賢い家づくり」を行うことも間違いの少ないやり方の一つですから…。


30年間で200万円以下!?積水ハウスシャーウッドのメンテナンス…