積水ハウスの価格交渉に役立つ値引率とはどのようなもの?


積水ハウスシャーウッドの値引きについては、営業担当者やその上司による判断など、いろいろな影響が深く関わってくることを、実際感じました。
ですから、値引率が何%になるのかはそれぞれの状況で変わって生きますし、一概に言えません。

ただ、積水ハウスシャーウッドの値引きに関して注目すべき情報もあります。
その内容とは、積水ハウスの新築一戸建ての値引きに対してある基準がある…
というものです。

その基準ってどういうものなのか気になりますよね。

具体的にどのような値引き基準があるのかというと…

「積水ハウスの値引き率は、キッチンや給湯関係などの住宅設備や外構工事費用などが含まれない家本体の価格にかかるということです。

家本体の価格とは、まず、家づくりにどのような費用がかかるのかを確認しておく必要があります。
家づくりには様々な費用がかかります。
大きく分けると、それは「本体工事費」「別途工事費」「諸費用」の3つで構成されていますが、本体工事とは、土台や基礎、柱などの躯体から外装・内装・建物に付帯する水道・電気などの工事のことをいいます。

ハウスメーカーや工務店などが、住宅本体価格、いわゆる坪単価として扱われるのは、この本体工事費のことを指しているのです。

つまり、積水ハウスの鉄骨や木造シャーウッドの値引率は、この本体工事費のみにかかるということです。

また、株主の方への優遇基準もあります。
株主であれば、最大5%の値引きが約束されています。
もちろん持ち株数にもよりますが、この値引率はお得感を感じる方が多いのではないでしょうか。

このように、積水ハウスは軽量鉄骨や木造シャーウッドの両方に、営業担当者がお客さんと価格交渉しやすいような値引率の基準があらかじめ定められているのです。

しかしながら、積水ハウスシャーウッドの新築一戸建てに限らず、家づくりはとても高額な買い物です。
売主は少しでも高く売れることを願い、買主はできるかぎり安く買いたいものです。

だからこそ値引率は、売り主に影響されるところが大きいのだと思います。
家自体どれ一つとして全く同じものがないのと同様に、営業担当者によりその判断は千差万別ですから…
値引率も一概に言えない、というのはこういう意味からです。

場合によっては値引交渉をもっとすべきこともあるし、値引交渉をすべきではないということもありますから…

庭の目隠しにお勧めしたい常緑樹と緑のカーテン


積水ハウスシャーウッドの新築一戸建てを建てても、せっかくの家が外から丸見えの庭だと、家の中でゆっくりくつろげませんよね。
どうしても周囲の目が気になります。

庭の目隠しは、そんな時のためにとても大切だと思います。
目隠しがあればプライバシーを保てるからです。

ではどういうやり方で庭や家の目隠しをすればいいのか…

庭や家の目隠しには、ウッドフェンスや、高い柵で行ったりする方法がありますが、コスト費用も結構かかるもの。
せっかく積水ハウスシャーウッドの一戸建てですから、庭の目隠し方法にはぜひ植栽を植えてみることをお勧めします。

目隠しは、あくまで庭や家の中が見えなくなるようにする、または見えにくくすることが目的です。
ですから、目隠し用の植物として使用するなら、一年中枯れずに植わっている常緑樹が一番良い方法だと思います。

我が家でも植えていますが、ヒイラギナンテンやヤマモモ、シマトネリコなどがお勧めです。
これらの常緑樹はしっかりした植生なので、庭の印象としては堅くみられるかもしれません。

また、積水ハウスシャーウッドの素敵な外観が映えて観えるような植え方があります。
それは、あまりたくさん植えずに見えるポイントを押さえて植えるという方法です。
常緑樹を庭にたくさん植えすぎると、圧迫感が生まれてしまう恐れがあるので注意が必要です。

また、夏の間だけ目隠ししたい場合などは、ツルを這わせる緑のカーテンを作るのもよいでしょう。
ヘチマや朝顔などツルが這う自然のカーテン、それが緑のカーテンです。

今は節電効果として流行ですよね。

お部屋やリビングの目隠しカーテンなるのはもちろんですが、緑のグリーンカーテンは夏の暑い日に葉っぱの間をすり抜けて通る風を感じたり、強い日差しを和らげてくれます。
この緑のカーテンでアウトドア空間も少し感じられますし、自然が生み出す涼風を感じることができるので、ぜひお勧めしたい目隠しです。

積水ハウスシャーウッドの外壁材は、庭に目隠し用の常緑樹や緑のカーテンを植えると、なぜか見栄え・外観がグッと引き立ちます。
シャーウッドのエコサイディング外壁材もそうですが、陶板外壁ベルバーンなどは特にそう感じます。
ですから、もっといろんな要所に緑の目隠しアイテムを活用してみるのもいいかもしれません。