多目的に利用できるウォークインクローゼットの魅力とは…


積水ハウスシャーウッドを新築して、これは良かった、やっぱりああすれば良かった
思いつくことはいろいろあります。
その中でも、特に思ったことがあります。
それは収納のことです。

例えば、ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットというのは、収納スペースの中が、歩けるほど広いクローゼットのことです。
新築一戸建てなら、ほとんどが2階にやや広めの収納スペースを設けることで、居室に物があふれるなくさせることができます。
ウォークインクローゼットがあると物を有効的に収納できるようになるので、いろんなものが収納できるし、お部屋をスッキリさせることができるのです。
しかも使い勝手もいい…

でも注意が必要です。
それは、使い方を誤ればどんなに便利なウォークインクローゼットの空間でも無駄になってしまう可能性があるからです。
どんな使い方かというと、通常のクローゼットよりスペースが広くなるので、どうしても物を押し込めてしまいがち。

物を押し込めてしまうと、無駄なスペースにもなってしまいます。
ウォークインクローゼットは収納グッズなどを上手く使いこなせればとても便利な物置き場所なのです。

ウォークインクローゼットが間取りの中にあることで、一番のメリットとは何だと思いますか?
それは今まで使用していた収納タンスなどの家具を置く必要がないことです。
それだけでも部屋の壁面が自由に使えますし、空間を最大限利用することもできます。
どうしても、タンスを置きたければ、小部屋のように広いウォークインクローゼットの中に置くこともできますが…。

また、仮にウォークインクローゼットを収納スペースとして使う必要が無い場合などは、ウォークインクローゼットを書斎など収納以外の部屋として利用することもできます。
自分の仕事場としても使えてしまう可能性だってあるのです。

このように多目的に利用できる広さをもっているのが、ウォークインクローゼットの一番の魅力なのかもしれません。

このように住まいの収納力を考える場合、単に収納量が豊富というだけでなく、使い道も広がるという点を必ず考慮しましょう。
そうすることで、ウォークインクローゼットや大容量クローゼットがある間取りがより魅力的な空間になります。

自分や家族の住まいのこだわりとして、ウォークインクローゼットはオプションのひとつに加える価値はあると思います。