家やマンションを買うために最も重要なお金のこと

「お金のこと」で特に優先してもらいたい5つのポイント、そして最も重要な1つのことがあります。

まずは次の5つポイントから。

・買うか買わないか?
・いくらの家を買うか?
・いくらのローンを組むか?
・何年で返済するか?
・金利は固定か変動か?

では、1つずつ確認しましょう。

家やマンションを買うか、それとも買わないか。

この意味は賃貸と持ち家のどちらを選ぶか…、ということ。

また、これが意味することは、いつ購入するのタイミングのことでもあります。

収入、頭金の有無、転勤、相続など、判断材料には様々な要素がありますが、ここが一番のキモ、重要なところ、人生の分かれ道です。

家やマンションは一度買ってしまえば売却するか自己破綻でもしない限り、ほとんど人は住宅ローンからは逃れらないのです。


いくらの家を買うか…

購入予算によって、住宅ローンの借り入れ額や貯金から頭金にまわすべき金額は大きく変わります。

基本的なことですが、住宅ローンの利息も考慮すると総支払い額の差は住宅やマンションの価格以上の差になります。

いくらのローンを組むか…

頭金や親族からの援助によって、ローンの借り入れ額は大きく変わります。

さらに同じ価格の家を購入しても、人によって毎月の返済額は全く違うのです。

不景気なご時世ですから将来の収入は不安定です。

でも5年後も10年後も住宅ローンの返済は確実にやってきます。

安定して返せる額は人それぞれですが、いくらの住宅ローンを組むかは慎重に見極める必要がありますい。

何年で住宅ローンを返済すか、返せるか…

住宅ローンの借り入れ額が同じでも、返済期間が20年か30年かで、毎月の返済額は大きく変わります。

もちろん短期間で返済をすれば、利息負担は減らせますが、毎月の返済額は増えます。

短期で借り入れた方が適用される金利は低くなりますから、その見極めが一つの判断です。

固定金利か変動金利か…

固定金利と変動金利の違いは、ざっくりに説明すると将来金利が変わるかどうかです。

固定金利はその名の通り固定期間が終了するまでずっと金利は変わりません。

毎月の返済額もずっと変わりません。

一方で、変動金利はその反対です。

金利が変わります。

でもたいていは半年ごとですけどね。

ただし返済額は5年に1回しか変わりません。

変動金利なのになぜ毎月変わらないのか…、なんて考えている人多いんじゃないですか?

カラクリはこうです。

返済額は5年間かわらない、でも何が変わるかというと、その返済額に占める利息分と返済元本の割合が変わる…そういう仕組です。

利息金利は毎月変わりますから、つまり金利が上がれば金利分を多く支払い、金利が下がれば元本分を多く支払うことになります。

固定金利と変動金利のどちらが損得かは、はっきりいってわかりません。


それよりもっと重要なことは、これら5つのポイントにはリスクが伴うことです。

一般的に、これらのポイントは毎月の支払い総額が多いか少ないか、という「損得」の観点で説明される事が多いもの。

でもそれは違います。

本来、住宅ローンは支払いが滞りなく出来るかどうかという「リスク」の観点から考えるべきなのです。

なぜなら途中で返済が出来なくなってしまえば支払い総額が多いか少ないか、つまり損か得かなんて何の意味もなくなってしまうからです。

住宅ローンは損得よりも将来的なリスクを考えるべき…
これが最も重要な1つのこと。

つまり、「毎月の支払い総額が多いか少ないか」ではなく「安定して支払いえるかどうか」このことが最も大切なんですよ。 

家を建てたい・買いたいなら最初に考えておきたいこと

家を建てたい…、マンションを買いたい…。

このことを思い始める時、皆さんはどんなことを考えますか?

家を建てたり、買ったりすることは多くの人にとって始めての体験ですよね。

だからこそいろんな疑問や問題にぶつかります。

何が重要で何が重要でないのか…

そんなことに悩む人はたくさんいます。

そこで、家を建てたい…、マンションを買いたい…。

そう思っていらっしゃる方々に必ず役立つアドバイスがあります。



とても重要なアドバイス、大切なポイントです。

それは次の3つ。

「お金」
「場所・ロケーション」
「住まいの機能」

この3つです。

常識だと思われるかもしれません。
しかし、この3つのポイントがいかに大切か、そしてこれを上手く解決するだけで、家づくりに必ずと言っていいほど成功できます。

このことは間違いありません。

逆に、このうち1つでも失敗してしまうと何かしらの後悔が生じてしまいます。

では、少しづつ説明します。

まずは「お金」のことです。

お金には家を建てたり、購入したりする予算がます。

また、お金を借りるための金利の選択も必要です。

住宅ローンの借り入れ先、返済期間、頭金の額、親族からの援助、購入代金以外の諸費用、ボーナス返済の有無、あとは家を建てたり購入したりするタイミングもお金にまつわる重要なポイントになります。

次に「場所・ロケーション」です。

家やマンションをどこに建てるか、どこの家を購入するか…です。

駅からの距離、職場からの距離、実家までの距離、地域の環境など、その場所に住む事でどんな影響を受けるのか、これはとっても重要。

治安のよさ、近所の病院、学校、スーパーなどに近いか…。

これら全ては地域の環境です。

だから、場所・ロケーションはとても重要な要素なのです。

最後に「住まいの機能」はというと、これは広い意味で考えてみて下さい。

つまり一戸建てかマンションか?

新築か中古か?

建築するハウスメーカーはどこか?

間取り、部屋のサイズ、室内の設備などなどです。

いわゆるロケーションは場所に関わる要素ですが、住まいの機能はどちらかというと部屋に関わる重要なもの。

マンションなら部屋の位置(方角・階数・角部屋かどうかなど)も含まれますし、壁紙や家具選びなども住まいの機能の1つに入ります。

これら3つのポイントを大切に考えることが重要。

更に、これら3つには考えるべき順番があります。

もし順番を間違えるとかなりダメ押しの失敗となります。

まず一番先に考えるべきは「お金のこと」です。

その次に「場所・ロケーション」

最後に、「住まいの機能」です。

なぜお金が先かは非常に簡単で、人生設計に与える影響が一番大きく、後から変えることが難しいから…です。

一戸建てや新築マンションのモデルルームで見た部屋を気に入ってしまい、予算が膨らんで無理な買い方をする…。

「お金」という真っ先に考えるべきポイントを後回しにして、「住まいの機能」を優先し判断して買ってしまう…。

これが一番起こりがちで一番失敗してしまう買い方です。

家のことを考える時は、「お金のこと」から…。

これが原則です。

そうすれば絶対に失敗はしないでしょう。