木の強さを引き出したシャーウッドの構造材

まずは、積水ハウスシャーウッド構造材の耐久性についてです。

そもそも「木」は本来一本づつ異なる性質を持っています。
一本の木だと内部の割れや腐れなどがあってもなかなかわかりません。
しかも部分的にそのような部位を取り除くことなんて、ほとんどはできません。

もちろん、ホワイトウッドの木もそのような問題がありますが、ホワイトウッドを挽き板にして、それを接着したものを集成材として使用するシャーウッドの集成材だと、木の欠点が発見しやすくなります。
しかも、木の良いところだけを使って、強い強度と高品質な集成材をつくることができるわけです。

また、木は乾燥させれば乾燥させるほど強度が増す…
そういう特徴をもっていています。

だから、シャーウッドの構造材として使うためには少なくとも含水率を15%以下にすることが重要です。

普通の一本材ならそのように含水率を落とすことができません。

でも、挽き板の集成材なら一つ一つを十分に乾燥させることができるので、これが確実な強度を保てると言われる大きな理由なのです。

だから、一本ものの木材と集成材の強度で、どちらが高いかというと、断然に集成材なのです。

例えば、家の構造材として使われる梁もそうです。
新築一戸建てでは柱と梁で力のかかり方が違ってきますが、一本モノの木材では強度が不安定で、求められる強度を持つ材料を探し出すのは難しいですし、コストもかかります。

しかしシャーウッドの集成材の造り方はとても合理的です。
強い曲げの力がかかる梁については、集成材の外側に配置させたりすることで、梁専用の構造材を造ることがでるのです。

適材適所で、しかも合理的なホワイトウッドの集成材ができちゃうんです。

だから、積水ハウスシャーウッドの構造は大空間の間取りづくりが簡単にできてしまうのです。


>シャーウッドのホワイトウッド構造材が水に濡れると腐りやすい…のウソ

シャーウッド構造材として使用されるホワイトウッド材の魅力

積水ハウスシャーウッドの構造材として使用されるSPF材をご存知でしょうか?

このSPF材とはスプルスといわれ、えぞ松、パイン松、ファー樅の北米産針葉樹の頭文字をつないでつけられた名前の木材ですが、これはシャーウッド材として使われているホワイトウッドと同じものになります。

このホワイトウッドは、シャーウッド材だけじゃなく2X4(ツーバイフォー)工法でも用いられる構造材としても有名で、現在、日本で急速に普及しています木材なのです。

今や在来工法ではほとんどの構造材にホワイトウッドが使われるようになりました。

その理由としては、価格が安くて柔らかく加工しやすいからです。
ホワイトウッドのSPF材としてはDIYで作るウッドデッキ材として、ホームセンターにも並んでいるくらいですから…

ただし、ホワイトウッドのデメリットな特徴もあります。
それは水に弱くて腐食しやすいという弱点です。

そんなに水に弱いホワイトウッドが、積水ハウスシャーウッドの戸建て住宅建材としてどうして使われるのか。
しかも重要な構造材として使用される理由って何だと思いますか?
そしてなぜ住宅の構造材として使われるのか?
どうして国産材を使用しないのか?

一戸建てを考えるなら、この理由を少し理解しておいた方がいいのではと思い、少しその疑問に対する考えをまとめてみました。


>木の強さを引き出したシャーウッドの構造材