積水ハウスシャーウッドのオプション選びで後悔したもの

間取りを考えたり家作りが進めば進むほど、頭を悩ますことが生じてきます。

それが「オプション選び」です。

オプション選びとはオプション設備を選ぶこと。

床暖房や食洗機、浴室乾燥機など、無ければなくても生活できるものですが、あれば毎日の生活がより便利になるものです。



オプション設備は、付ければ付けるほど便利になるし華やかにもなります。

でも一方で、大きな出費へと繋がってしまいます。

そこを理解しているからこそ、オプションを追加するかに非常に悩むんですよね。

悩みに悩んで選んだからこそ、失敗したくない。

オプション選びにミスすると、非常に大きなショックとなります。

そしてとっても後悔してしまいます。

積水ハウスシャーウッドで家を建てたわが家で言えば、当然このながらオプションは追加しました。

選び悩んで資金を注ぎ込んで注いだわけですが、実際に住んでみることで選択したオプション設備に若干後悔しているところがあります。

そんな我家の後悔オプションは床暖房。

実は、床暖房家づくりでは必ずつけようとして考えていたもの。

だから採用して良かったオプションでもあります。

冬の寒い日に床暖房は最高です。

暖かいし、乾燥しないし。



しかし、わが家がある場所は1年を通じておおよそ温かいところなのです。

床暖房を使わないと寒くてたまらないという日は、思いの外結構ありません。

実際、真冬の寒い日でも床暖房をつければ温かいだろうな、なんて思う日もありますが光熱費のことを考え、そのまま辛抱して付けないことがほとんどです。

それに床は無垢材フローリングだから、真冬でも足元は結構暖かいんですよね。

床暖房を使えば、電気代がかかります。

最近のエアコンはかなり優れもので、湿度も調節してくれるし、足元も温めてくれます。

オプションで床暖房に80万円払う価値があるか…って言われると、今だから言えますが、ハッキリ行って微妙です。

寒い地域に住まわれている方にとっては、恩恵が大きいオプション設備だと思います。

でも、暖かい地方にお住いの方々は、あまりオススメしません。

それよりも温もりのある無垢フローリング材を採用した方がメリットが大きいでしょう。

大人気の投稿