ローコスト住宅と標準仕様の深~い関係とは…

タマホームはローコスト住宅をうたい文句に一戸建てを安く建てることのできる、代表的なハウスメーカーです。

だたし、タマホームのような安い家にはそれなりの理由がある…
このことに注意が必要だと思います。

なぜなら、どんな一戸建てでも建築価格は坪数によって決まってくる…
そういう現状をみれば、そのことはおおよそわかるからです。

例えば、ローコスト住宅は建築基準法で規制されない断熱性能や防音性能に関してが最低レベルの資材を使用している可能性もあります。

キッチンや浴室、トイレなどもそうです。

積水ハウスは標準仕様のオリジナル浴室バスがありますが、この標準仕様だと価格を抑えることができます。

それ以外のもの、つまりtotoやinaxといった他社のメーカー品を取り入れると、どうしても価格が上がってしまうのです。

このようにハウスメーカーが建築価格に含めている設備関係は、そのハウスメーカーの標準仕様だということをちゃんと理解しておく必要があると思います。

ハウスメーカーが調達する標準仕様の設備関係や資材関係に納得できるのなら、かなりローコストな住宅が実現できると思います。

その場合、建築価格を多きく左右するものは家の広さ、つまり坪数でしかなくなるのです。

標準仕様がダメなら、価格は上がってしまいます。

つまり、たとえ坪単価が安くても、注文住宅で一戸建てを建てようと思うなら、最終的にはそれなりの坪単価に落ち着いてしまう…
そうことです。

>積水ハウスの次世代省エネ型スマートハウス

>積水ハウスシャーウッドと納得のいく値引き交渉するために抑えておきたい便利な方法