抜群に相性のいい平屋建てと庭の関係とは…


平屋は日本の理想の住まいと言われています。

なぜならそれは、日本の住まいがもともと平屋建て主流だったからです。

そんな平屋建ての家を建てようとする場合、最も大切にしてほしい、重要にしてほしいことがあります。

それは家と庭の関係です。

なぜかというと、今までの日本の伝統的な平屋は、庭との調和が最も大切にされていたからです。

だから、平屋を建てる場合、庭との調和は切っても切り離せない微妙な関係なのだと思います。

その証拠に、実際に庭のない平屋は、かなり妙な一戸建てに見えてしまいますよね。

もし、土地の敷地に余裕があれば、やはり平屋に馴染む庭を造るということが理想的だと思います。

例えば、平屋の家の中央部にあるリビングの大きな窓から、光が注ぐ明るい庭を望むことができたり、開放感たっぷりの庭だと、かなり満足できたりします。

平屋は普通の2階建てのように階段を上り下りする苦労もありません。

ワンフロアで天井も高くとれますし、開放感が全く違ってきます。

こんな平屋の魅力は、積水ハウスシャーウッドの平屋建てシリーズでも体験できます。

また、大和ハウスや住友林業にも同じような平屋建て住まいのシリーズがありますので、一度見学に行くのもいいかもしれません。

平屋建ての開放感のある空間で感じることのできる居心地の良さは、住む人にしかわからないものがあります。

気軽に外に出て庭の自然と触れ合うことができること…
平屋はそんな空間があるので魅力的なんです。

それが平屋の良さであり、平屋建てと庭の相性が抜群にいいということを物語っているのだと思います。

>「縁の家」の長い屋根の軒が内部空間と外部空間をうまくつなぐ…