住宅購入価格をもっと安く、有利に値引き交渉できるテクニック(その1)

家づくりのための値引きや価格交渉も大詰めになると、積水ハウスシャーウッドとの契約が現実のモノとしてみえてきます。

でも、そんな状況になると、日本人ですからなかなか「もっと値引きしてもらえませんか?」「もう少し安くなりませんか?」と、切り出せないのが本音ですよね…

そんな日本人の中でも、こと値引き交渉に上手な方々がいます。

それはなんといっても関西に住む人たちのこと…。

価格をもっと安く、そして有利に値引き交渉できるテクニックについて、関西の方々からはいろいろ学ぶことも多いと思います。

そのようなテクニックについては、積水ハウスに限らずハウスメーカーとの交渉の場で勉強になると思いますので、そのポイントを紹介します。

1つ目のポイントは、価格交渉、あるいは安くしてもらえる…という環境を整えるということです。
これは営業担当者が自発的に価格を下げるような、そんな雰囲気や空気を作ってしまうことです。

関西の人は、初めて会った人にも「おっちゃん」とか「おばちゃん」とか、親しみをこめた愛称で呼びかけます。
この方法は相手にいろいろな意味で親近感を持たせます。

親近感を持たせて、相手の懐に飛び込んで何を言ってもいいような雰囲気を作り出すと、後の価格交渉がスムーズに進んでいくのです。

会話の中で、「もう少しまけてほしい…」が言いやすくなってくるわけです。

まずは自分の本音を率直に営業担当者に言える…
そんな親密な関係を、相手との間に素早く作れるかどうか…これがカギだと思います。


>住宅購入価格をもっと安く、有利に値引き交渉できるテクニック(その2)