木造シャーウッドと軽量鉄骨の地震対策を比較してみると…

積水ハウスの家づくりは軽量鉄骨と重量鉄骨に分けられる鉄骨構造、そして木造シャーウッドの2種類に分けられます。

大和ハウスや住友林業などの多くのハウスメーカーのほとんどは鉄骨造だけとか木造だけとか、どちらか一方しか建築しませんが、積水ハウスはそのどちらもシリーズ化した家を建てています。

そこで、軽量鉄骨造、重量鉄骨造と木造シャーウッドの地震対策について、まじめに語ってみたいと思います。

積水ハウスの地震対策のポイントは制震というもの。

一般的に建築構造物の地震対策は「耐震」「免震」「制震」の3つに大きく分類されますが、その内容を少し説明します。

「耐震」対策とは、建物自体を強固にさせるもの…
つまり、単純に壁の強度を上げて耐える構造にすることです。
この方法はコストがかかるという欠点があります。

「免震」対策とは、住宅と基礎との間に免震装置を設置して、住宅に地震の揺れを直接伝えなくする構造です。
イメージ的に言うとローラーの上に住宅が載っているような構造です。

「制震」対策とは、家の中に「制震装置」を組み込んで、建物に伝わった地震の揺れを吸収する構造です。
高層ビルなどの高い建物にとっても有効的な対策なのです。

積水ハウスの軽量鉄骨の地震対策には、この「制震」が採用されていて、その名はユニバーサルフレーム・システム(シーカス)と呼ばれています。

軽量鉄骨とは木造軸組の鉄骨バージョンのことなのですが、シーカスという地震の揺れを吸収してくれるものがその軸組の中に組み込まれている…
とイメージすれば分かりやすいかと思います。

このシーカスは地震が起きても建物の変形を抑えることができるし、繰り返される地震にも効果を発揮することができます。

鉄骨の強みは品質が安定していて、構造の計算がしやすいこと…。
地震の揺れもしなやかに受け止めます。

また、木造軸組は設計度の自由が高いことで知られていますが、構造生産の限界はあるものの、それを可能な限り再現しているのが木造シャーウッドです。

積水ハウスを代表する地震対策である制震システム「シーカス」は、一般的にこの軽量鉄骨造に採用さます。

では、木造シャーウッドにはどのような地震対策が施されるかというと、それは独自の集成材と金物を採用した構造に秘められているんです。

木造シャーウッドの構造で使用される部材はいわゆる集成材というものですが、集成材とは小さい木材(板材)を人に害のない接着剤で再構成して作られる木質材料のことです。

積水ハウスは十分に乾燥された木材でしかも一定の強度が確保できるように貼り合わせた木材を使用していますので、軽量鉄骨よりも強固な材料を実は使用しているのです。

その構造材を金物を使用して接合しているので、かなりの強度が確保できます。

また、柱と基礎の間に、通常の一戸建てに使用される土台部分がないことも大きな特徴です。

シャーウッドは基礎に直接金物が仕込まれていて、それに柱材を組み合わせる仕組みになっていて、一般的な木造軸組工法より強度のばらつきがなく、しかもシャーウッド構造そのものがとても高い耐震性を確保している…
ということです。

地震対策だけで考えると、軽量鉄骨造のシーカス制震装置はたしかに魅力的ですが、そのさらに上をゆく木造シャーウッドはとても耐震性は高いということがお分かりいただけたでしょうか。


>木造シャーウッドと軽量鉄骨造では、一体どっちの建物寿命が長い?

大人気の投稿