積水ハウスシャーウッドを大幅に値引きしてもらえるベストな交渉タイミング

ハウスメーカーとの価格交渉のやり取りはどうすればいいのか不安ですよね。

一戸数千万円もするマイホームは高い買い物です。

だから、少し価格を値引きしてもらって安くしてほしい…そう思うのが普通ですよ。

では、どうすれば値引いてもらえるのでしょうか。

ハウスメーカの営業担当者に価格交渉を切り出すタイミングはいつがいいのか、教えますね。


積水ハウスシャーウッドが大幅に値引きできるタイミング


積水ハウスシャーウッドや多くのハウスメーカーが、大幅に価格交渉に応じてくれる時期があります。

ズバリ決算時期です。

この時期は通常よりも大幅に値引きをしてくれますので、価格交渉をするベストなタイミングなのです。

大手ハウスメーカーは会社の決算時期までに何とか売上を上げたい、伸ばしたい…と躍起になります。

業界用語で「乗せる」という努力をします。

積水ハウスシャーウッドの決算時期は軽量鉄骨と同じ1月ですから、1月は決算時期による戸建ての値引きシーズンとなるわけです。

積水ハウスシャーウッドを最も大幅に値引きしてもらえるベストなタイミング


勘違いしないで頂きたいのは、決算時期が1月だからといって、1月中に何とか契約すれば値引いてもらえるという訳ではありません。

積水ハウスシャーウッドにとって、お客さんと契約して家を建築し、または購入し、お客さんに引き渡しが完了して、初めてハウスメーカー側にお金が入ります。

つまり、お金が入る時期が初めて売り上げとして計上されるわけです。

何が言いたいかというと、引き渡される時期が決算月の1月であることが重要なのです。

だから決算月までに引き渡しができるように工期を設定する必要があるわけで、その時期が1月竣工になるようにすればいいのです。

例えば、1月引き渡しを大前提として、7月に契約し、実際に家を建て始めて6ヶ月後の1月に引き渡し受ける。

こうすれば積水ハウスシャーウッドの契約金額は大幅な値引きが期待できるでしょう。