積水ハウスの決算時期を値引き交渉に使う際の注意点

積水ハウスシャーウッドとの価格交渉を上手く進めるためには、積水ハウスの決算月きまでに家が引き渡せるように契約することが大切です…

このことは多くの営業マンが契約を取るための手段としてよく使われることですが、上手く決算月までに引き渡しされる家づくりの行程であれば、その契約の価格交渉次第ではかなり確実で大幅なな値引きが期待できます。

よく聞く話ですが、ハウスメーカーの営業方法のひとつとして、決算値引きのシーズンだから「今月中に契約をすすめたい…。」という説明を方をしてくる営業担当者がいますが、ハウスメーカーの営業担当者が早く契約したいようなコメントを告げてきたら、もし契約した場合の引き渡しスケジュールを確認しておきましょう。

7月か1月竣工の工期を交渉条件で出せば、より多くの価格の割引をしてくれます。
あまりに先の予定だとあまり意味がありませんが…。

ハウスメーカーは引き渡しをして住宅ローンで組んだ金額が入金されてはじめて売上になります。
だから決算月までに引渡しできるように家の建築の工期を設定できるかどうかが重要なポイントになります。

さらにその交渉の瞬間、ハウスメーカーの営業担当者に契約するそぶりやどうしても購入契約したい…
そんな気を見せれば、営業担当者も値引き幅を上乗せしやすくなるものです。

値引きについては、お客さんからの提案はなかなかしにくいものです。

契約の価格を下げる交渉をするために、見積もりの競合先をつくることもよい方法ですが、積水ハウスシャーウッドとの価格交渉の方法として、より実現可能性の高い方法とは相手、積水ハウスの決算時期を知ることだと思います。

>積水ハウスシャーウッドと値引き交渉するベストタイミング
>積水ハウスシャーウッドの家づくり構造を詳しく説明すると…