老後を迎える世代や夫婦2人住まいに人気の高いシャーウッドの里楽(りらく)

積水ハウスシャーウッドの里楽(りらく)は、木造住宅シャーウッドのシリーズ住宅です。
この住宅のターゲットは、忙しい会社勤めが一段落したシニア層に新しい快適な空間を提供する…
そんなコンセプトで売られているのだとか。

我が家でも、最初は里楽のプランが好きで、一度間取り設計をしてもらったことがありますが、子供二人の階段付の2階に部屋がほしいとせがまれ、あきらめた平屋建てでもあります。

実際に住んでいる方々の、里楽の評判や口コミについてネットや担当営業者からも聞くのですが、子育てが終わり子供が独立した後、夫婦二人になると大きな家は手に余るので平屋建てを建てる方々が多いのだそうです。

例えば2階建の家で部屋がたくさんある住宅では、どうしても掃除などが行き届かなくなるのだとか…。

また最近では、子供のいない若い夫婦も多いく、2階建程の大きな住宅も必要なく、積水ハウスシャーウッドの里楽のような平屋住宅で十分も多いものです。
しかも理想の間取りづくりができるとあって、あえて選択される方もいらっしゃるのだとか…。

積水ハウスシャーウッドの里楽は、老後を迎える方や、子供のいない夫婦2人の生活にとても有効的な住宅ではないかと思います。

余計なスペースを一切取り除いた、自分達のプランに合わせた住宅が作れるのもいい評判の一つなのだと思います。

ただし、里楽は平屋ですからどうしても坪単価に直すと高めになってしまいます。

金額的に高い水回りなどが、平屋の間取りの中でどうしても割合的に多くなりますから、どうしても費用が高くなります。
そこをちゃんと理解しておけば、納得のいく住まいづくりができると思います。


>1階面積を広く2階面積を狭くしても建物価格は下がらない!