積水ハウスの耐震性を判断するのに最も役立つ方法

積水ハウスの中古一戸建てについて、その耐震性を判断するのに最も役立つ方法があります。
それは築年数と地盤状況を確認することです。

積水ハウスの新築の場合は問題ありませんが、積水ハウスの軽量鉄骨や木造シャーウッドでの中古住宅の購入を考える場合には、まず築年数がどれくらいになるのかが大きなポイントです。

築年数が古いからといって、単純に悪いということではなく、そこは積水ハウスなので大きな問題は生じないと思います。

一番大切な判断基準は新耐震基準に沿って造られた家であるかどうかです。

新しい耐震基準は1981年の6月に設定されました。

もしこの年代よりも古ければ、積水ハウスの家といえども耐震性に何らかの不安が残ります。

このような建物の場合は耐震診断というものを受けていて、その結果が問題なければ問題ありませんが、家が建っている地盤条件が悪ければ、家が歪んだり沈んだりしてしまいます。

地盤のしっかりした場所にたっている積水ハウスの中古物件を選ぶようにしましょう。

耐震性については、築年数と地盤条件を踏まえておくと、より賢い中古物件選びができると思います。


>積水ハウスの軽量鉄骨と木造シャーウッドの耐震性の違いとは…